そこのけ、そこのけ、モンペが通る!

いやいやいや~、やっぱり役員をやってみると、いろんな人を知りますね。
嫌な人はいないなーと思っていた幼稚園。クラスは違えど、同じ役員のママAさんからモンペちゃんの情報が入ってきました。

モンペちゃん …モンスターペアレンツの略『モンペ』に、少しでも愛らしくなるように“ちゃん”付けしてみました


この強烈モンペちゃん、
クラス編成前には「うちの子は○くんと△ちゃんと□ちゃんとは同じクラスにしないでください。で、#ちゃんと+くんと@ちゃんと一緒にしてくださいね」と幼稚園に お願いしたらしい。


モンペちゃんが同じ幼稚園に潜んでいる情報をゲットしたわけですが、


どうもねー、私がアルバム係になって、執拗に嫌がらせを受けていることにも関与していそう。

Aさんが言っていたモンペちゃんのいるクラスに、幼稚園卒業対策委員のトップがいるんですわ。もしかして同一人物?


で、運の悪いことに、

うちのクラスの卒業対策委員は、「*ママが毛入りの手作り お菓子をママ親睦会に持参してくるから食べないよう みんなに連絡してくれ!」だの、「去年○○組だった お母さんたちは親睦会で飲酒喫煙したそうだから注意してくれ!」と私に度々 電話してきたクレーマー・クレーマー 略してC.Cさんだった。

仲間たちと余興をやることになっていた私を、ぜひ!とアルバム係に引き入れたのも、C.Cさんだったわけです。(←陰謀だったのか?!


また さらに運の悪いことに、

同じアルバム係のリーダーを買って出たDさん。

この人は数年前、やはりアルバム係を引き受け、賢者ママの一人と組んで仕事をしたそうなのだが、

賢者ママ曰く「Dさんは………ホント、大変な人だよ………気をつけて!」と。


賢者ママ→すでに上の お兄ちゃんまたは お姉ちゃんが幼稚園を卒園しており、園長とも親しく、ママたちとトラブルなく付き合うよう常に公平、また幅広くママ ネットワークを持つ熟練ママのこと。
(私には3人も賢者ママという心強い味方がいます)



Dさんの決断力のなさ、「個人個人で勝手に作って」と言って集会を拒否など、アルバム作成に支障が出るため、私から、「写真回収後に もう一度くらいは集まろう」と提案したり、

Dさんの手配ミスで、まちがった内容のプリントを配布してしまったため(さらにDさん本人から直接「もう間に合わない」とメールが着たため)私がプリントを作り直して再配布手配したけれど、


返って、それが気に食わなかったらしい。

いや、Dさんはカバー担当だから写真なんて集まろうが、どんな写りだろうが、全然 気にならないかもしれないが、後のメンバーはページを作らなきゃならんのよ?



数日後、
プリント再配布は卒業対策委員会で、まさかの却下。

Dさんからは、私が作る分を不要…そして、すでに作ってある分まで作り直す ようなことを言い出してきた。

何も知らされていなかった他のメンバーもビックリという。それ、代わりに誰が受け持つわけ?!みたいな。


いや、それはそれで 「いいよー と即答した私。


撮影の仕方が悪い、アルバム係は子どもたちに話しかけるな!近づかないで撮影して!Dさんの決定に従ってればいいのよ!
私も、さすがに嫌気がさしていたのです。

ちなみに、都度、上記の文句を私に言ってくるのは常にC.Cさんです。


プリント却下になった理由も、「外国人ママに理解しやすいかもしれないけど、他のクラスも外国人がいるのは一緒。そのクラスだけ もう一枚プリント配布は平等じゃなくなるから」という、なんとも不可解な理由。
(↑別に絵で図解してあるわけでもなく、英文で書いてあるわけでもない日本語オンリーのプリント。外人にわかりやすい??)


以上の度重なる悪意漲る件、


最初の発端。
それは、アルバムとは まったく関係のない、同じクラスの*ママのことであった気がしてならないのです。

すべては毛入りの お菓子云々から始まった………と。


結局、親睦会に お菓子など持ってこなかった*ママのことを、C.Cさんは、その後も言いふらしていました。

「提出物も ちゃんとしてないのよ。みんなで負担する卒業記念品の費用も、上の子どもの卒園の際、踏み倒したし」

なんとも穏やかでない内容。


親睦会で*ママとメール交換していた私は、重要なプリントだけ簡単な英文に訳して伝えました。


実は、北アメリカ出身のママだったのです。だから日本語が拙い。

外見は東洋人だから勘違いされ、トラブルになるのでしょう。


理解できなかったゆえ提出物が きちんと できなかったようです。

私がメールで伝えた後、彼女は何でも期限前に きっちり提出してくれます。


私はC.Cさんに、*ママは外国人で漢字は ほとんど理解できていないことを伝えました。

ところが、「知ってるよー(笑)」



知ってて、そんな意地の悪いことを言っていたのか…


彼女の幼稚さに呆れました。


それで、仲間はずれになりそうな人に手を貸したら、私にも嫌がらせ???



笑止千万ですよ。

ヤレヤレ…困った人だなぁ


日ごろの付き合いから、ママ ネットワークは私の方が格段に大きいです。
嫌がらせ返しなど、しようと思えば いくらでもできます。


でも、同じレベルに なり下がるのだけはNO



モンスターペアレンツ、クレーマー、いじめ…

他人に嫌がらせして、最後に孤立するのは自分たち。それに気が付かないものまた哀れ。

可哀想な人たちです。

放っておくことにしました。


まぁ、正直なところ、アルバム係を降りるまでシンドかったですけどね。




人は いろいろ。でも自分は自分。


そう思います。



「サンクスギビング・デーのパイを焼いたよ!!」
その*ママが、昨日パンプキンパイを作ってくれました。

「いつも、ありがとねー」
サンクス(感謝)の おすそ分け。



嫌な思い、そんなものは どこかへ吹っ飛んでいってしまいました。


画像




にほんブログ村 子育てブログへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)