ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆるく楽しく面白く!子どもと英語を楽しむ♪

<<   作成日時 : 2012/10/18 11:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ちょっと前、NHK『えいごであそぼ』 えいご札の中で、My nose is stuffed up!と言っていました。ちょうど鼻風邪を ひいていた お嬢、早速 使っていたので、「ぬいぐるみも、中に詰まってるから stuffed animal って言うんだよ」と教えました。
「そうなんだ〜!!」

なんだか、ちょっと閃きがあったみたい。目を輝かせていました。

私「柔らかい物で詰まっていると stuff で、固い物で詰まっていたら stuck なんだよ」

お嬢「へぇ〜〜〜〜〜〜

お嬢、しばらく考えて
「じゃあ、固ーいハナクソで鼻が詰まっていたら My nose is stucked up!なんだね?」

………いや………
それは、どうかな?


思いも寄らない質問に困る私。


なにはともあれ、
子どもの発想って面白いですね。


ここ何ヶ月か、お嬢と坊は子ども向けの英語の歌だけでなく、ベストヒットの曲なども覚えて歌っております。
ディズニーチャンネルで知った China Anne McLain の Dynamite など。(私は、同曲の Tiao Cruz の歌の方が好きですが)
お嬢には、一文一文意味を教えながら覚えさせました。
子どもの歌もいいけれど、ノリノリで歌える曲もいいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=7Prb8DbdfwY


なんとなく、懐かしの曲も歌いたくなって、
次は Tears for Fears Shout + lyrics も練習してみたんですが、

最初のサビはいいのですが、in violent time 〜 のあたりからの訳が非常に難しい!!

子ども向けちゃうわ〜
断念!!

サビのみ3人で合唱。エンドレス。


Queen の We are the champions もサビ以外難しいしなー。
同じ We are つながりの マイコージャクソンの We are the wolrd も お嬢には まだ難しい。

歌はやっぱり難しいかな。

しかし、ふと、あの歌ならいいんじゃないか?と、思いつく。



あ〜〜〜〜〜、でも 曲名が浮かばない

トゥトゥトゥル〜トゥトゥトゥル〜トゥトゥトゥトゥトゥトゥル〜 と延々 歌う あの曲ですよ!!あの曲!!
↑こういうことってありませんか?


まぁでも、便利な世の中です。

『トゥトゥトゥル 歌』で検索。←また単純なワードで…


出た

↑出るのよ。すごいわ。ネットの世界って。


あった。これ!!

Suzannne Vega の Tom's Diner
http://www.youtube.com/watch?v=Ez47TXdeYPI&feature=fvwrel

この歌の歌詞は日常的な言葉で とってもよかった。

コーヒーを半分だけ注いで…とか、新聞を広げて…といった言い回し。使えるね!!

ポップな感じは薄いですが、気に入って歌っている お嬢。
坊はトゥトゥトゥル〜トゥトゥトゥル〜の部分だけ。

で。
よく考えたら、王道中の王道、ビートルズいいかな!!と。
わかりやすいし、楽しいのではないだろうか…

模索しながら歌を覚えさせているのですが、

突然、偶然見た マイコージャクソンのスリラー に妙にハマッてしまう お嬢と坊。


もちろん歌えません!!

こうして ゆるゆると、英語に触れいてる毎日です。



にほんブログ村 子育てブログへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず、英語に楽しく触れる日々が続いているようですね

歌も楽しそう〜
お嬢さん、このレベルの歌を歌えるだなんて凄いですね〜

坊くんも、すぐに覚えるでしょうね〜

我が家も、細々と続けていますが・・
王子は最近、日本語の絵本よりも英語の絵本を自分の周りに並べて眺めています

姫も超〜簡単な絵本ですが、読めるようになってきましたよ
(と言うか、ただ暗記してるだけです・・意味も理解してないと思います

やはり英語の場合は、日本語の意味も教えながら読んであげた方が良いのでしょうか



あやの姫
2012/10/18 16:57
To あやの姫さま
お嬢は英語を使いながら覚えさせたんですが…最初の頃はput on、take offと服の着替えさえもなかなか覚えられなかったんです。
毎日自分の動作を英語で口にさせることで慣れてきました。坊はIs is a 〜とかThey are 〜sという文章から、自分のことを言ったり、虫や動物のことを説明できるように何度も何度も口に出して話す毎日。動詞は、手の動きを見せてどういう意味なのか教えています。
徐々に、徐々に。焦らないで。
覚えられなくても、少しでも英語を話そうという姿勢があれば褒めてやっています。
女の子は想像力で、男の子は感覚で学ぶことがでるんだな〜と教えていて思いました。
姫も王子も、英語が好きなんじゃないかな?子どもの数だけペースがあるわけで、競争じゃないし、誰かと比べることなく、触れていて間違いないと思いますよ!
みどりママ
2012/10/18 21:06
あっ、みどりママさんのかなり昔の記事を読んで、put on、take off、put awayなどは日常で使うようにしてきて、その辺りは理解できてると思います
たまに姫も、その表現で言ったりします(気が向いた時だけ)
あと良く使うのは、Let'sですかね〜使いやすいです
time for・・time toなどは名詞か動詞かで分けるって姫には難しいようです。。。
私が使えば意味は理解してますけどね〜

絵本では、How manyとか、I seeとか、where isとか挙げると切りがないですが・・
1つ1つ意味の説明はしてないんですが、日常でこれも使って行けば良いんですよね

複数形とか、名詞か動詞かとか、過去形・進行形とか、なんだか昔を思い出すな〜(ってか、ほとんど忘れてるな〜苦笑)と思いながら絵本は読んでいますが

英語絵本は、最初はかなり抵抗あった姫ですが、細々と・・毎日コツコツと続けたおかげで抵抗なくなったみたいです

それに比べると王子は最初から読みたがるので、やはり遅くても1歳代には何らかの形で触れさせておくと後が楽かな〜と感じました

と言っても、レベルは低いですけどね〜(笑)

確かに、子どもの数だけペースはありますよね
触れ続ける事を意識して、これからも緩々ですが頑張ります



あやの姫
2012/10/19 11:02
To あやの姫さま
不思議なんですが、日本人の英語の先生からネイティブの先生に代わったら全然英語を口にしなくなってしまった時期があったんです。それで、このままではいけない!と教え始めたのですが、日本人の先生の方が、どの辺がわからないのか大体わかるから説明してくれますよね。ネイティブの先生は発音は学べるけど、文法はカバーしない気がします。どちらがより良いとも言えませんが、ネイティブの先生でカバーできないところを私が補っている形です。
「行くgo」って言葉は「行った」になるとwentだよ。くらいの簡単な説明ですけどね。
文字が読めたらもっと理解度は高くなると思いますが、耳だけですからね。限界があります。
みどりママ
2012/10/19 14:29
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

ゆるく楽しく面白く!子どもと英語を楽しむ♪ ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる