ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS IQとEQ 『天才が生まれる教育』…探してみました

<<   作成日時 : 2012/09/21 12:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

先日のニュースで、現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、最も重要とも言われる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授が18日までにインターネット上で公開した…とありました。

偉業ですね!!

調べてみたら、望月教授は子どもの頃のほとんどをアメリカで過ごされていらっしゃったそうで。

高校途中でアメリカの超名門大学に飛び級。19歳で卒業…という…

私はハタ!と感じました。

日本人の偉業 だけれど、日本教育の賜物ではない わけですよ。

これだけの人口を抱える国で、日本の教育水準は決して低いほうではないけれど。

そうか〜、そうだよなぁ〜なんて、ちょっと納得も。


まぁ、でも、天才教育したい!と思っているわけではないので、別にいいんですけどね。

しかし、ふと『天才』と『教育』をキーワードに検索したりもしてみました。


ひたすら暗記ができる=天才児ではないようです。

状況判断が的確とか、仕組みを考え自分で工夫したり。
知りたい!という知的好奇心が豊富。

そういう頭の良さ。

IQ だけでなく EQ の高さも重要のようです。


EQ は、5 つの能力で構成されます。

○自己認識力
○自己統制力
○動機付け
○共感能力
○社会的スキル

社会で成功するためには、IQ と EQ が 1 : くらいの割合で関係していると言われます。


こういう お子さんを お持ちの ご両親は、博物館や科学館や美術館に連れて行ってあげるとか、
手で触れて、目で見て、感動させてあげるといいんでしょうね。

(天才児に対して、どういう指導がいいのか具体的には結局わからないわけです。そういった制度もありませんしね)




天才児ではないけれど、

お嬢と坊を、先日、児童館併設の小さな科学館に連れて行ってあげました。

ここね、ママ友からの情報で訪れたのですが、公共施設で無料なんです。でも、かなり充実してました。ちょっと遠いのが玉に瑕。

もうねー、

すっごく喜んでおりましたよ。

ホウ砂と洗濯糊で作るスライム!!

たまたま科学の実験をやっていて、一人ひとりにスライム作りを体験させてもらえたのです。もちろん、これも無料!

画像
手作りスライム。混ぜる時は一気に混ぜるのがポイントのようです。


あ…でも、

「何で できるんだろう?」とか、まったく考えてない ようでした。(笑)

しかも!

お嬢が赤、坊が緑を選択したら、完成してまもなく、坊が お嬢のスライムを自分のスライムに合体させてしまうという。

赤+緑=茶色…

それも、思いっきり薄汚い茶色

坊の一言「うんこ

「ぎゃあああああああ!」お嬢 絶叫。

ワタクシもバカでしたわ。
混ぜるのが目に見えていたのだから、せめて坊の色を青か黄色にしておけば!!

赤+青=ムラサキ

赤+黄=オレンジ

だったじゃないのッ

茶色より、ずっと綺麗だったに違いないわ!!


こんなダメ母ですものね。


まぁでも、ダメ母なりに、私なりの未来の教育を目指しているんです。


暗記=天才ではないけれど、暗記できる脳の仕組みはできあがるらしく、

だったらと、赤ちゃんの時から物の名前は日本語と英語で教えてきました。

ただ単語だけだと“ルー(大柴)語”になってしまうので、短い文章でも話してきました。

毎朝1日15分。


いや、大きくなってから覚えさせるより、本人も楽かな…と。

楽できる勉強法目指す。


お嬢が どのくらいのレベルに達しているかと言えば、現在 中学2年生レベル です。
(ただし、スペルは教えていません。話す言葉の文法から計ったレベルです)

単語数で言うなら、2000語は軽く超えるかな〜。
学研の『ことばずかん英語付き』を4冊で、約 800語ですからね。


で、あくまでも この 英語力のみを考えた場合 ですが、

5歳の児童が、10歳の平均的な児童と同じ知能を示せばIQは200になる ことから、お嬢のIQが200とも考えられます。

つまり、詰め込み教育をすれば、幼児のIQは高くなる?

いえいえ!!!


IQ100の11歳児とIQ200の5歳児を比べれば、平均的な児童であるIQ100の11歳児の方が、IQが突出して高いIQ200の5歳児よりも知能は高いわけです。



もちろん私が英語を教えているのは、IQのためでも、受験勉強のためでもないです。

言語習得能力に関してだけは早ければ早い方がいい…と自分自身で感じたゆえです。



一流大学の合格を目指す勉強…という考えが今やナンセンスかと。

結局、勉強は活かせてなんぼ!と思います。

他人との競争を考えるより、自分がやっていることが どういった分野で どう役に立てるのか?

こういう風な考え方にシフトしていかないと、これからの社会では通用できない。



「わたしが先週送った 日食メガネ、もうアフリカに届いたかなぁ?」

白い日食メガネが なんだか寂しい感じがするからと、お嬢が 絵と、英語で一生懸命メッセージを書きました…
(※ 宮崎県の たちばな展望台で、アフリカの子どもたちに日食グラスを送るキャンペーンを行っているのです)

「そうだねー。まだかなぁ」

「なんていう名前の子が、 ちゃんの描いたメガネ、受け取るのかなぁ??」

想像して、なんだか とても楽しいみたい。

ちゃん、えいご好き。たくさんの人に通じるから」

そう言ってもらえて、ママもうれしい…


誰かに つながるために、学ぼう

一番じゃ、なくて、いい





勉強は活かせる。誰かのためになる。

それが明確なら、天才ではなくとも、勉強大好きになる子どもが増えるのではないでしょうか?

IQよりEQ。

当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。



できることなら、

上記に書いたような気軽に行ける科学館や博物館が、身近にできるといいのになぁ。

(それと、公立図書館に もっと英語の絵本を置いていただきたい…)

そんな風に願います。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
んで?
…………
2012/09/22 00:54
言葉足らずでごめんなさい。内容追加しました。
みどりママ
2012/09/22 08:01
合体して「ウンP」になったって思い出、いいじゃないですか!それだけ強烈だと記憶にのこるはず(笑)記憶に残ってナンボですよ^^

わが家は、人ごみに行くより自然派なので(写真てきにも・・・^^;)、科学館などにはあまり連れて行きませんが、その分山の中で「一夜でカブトムシ捕まえよう!ナニが好きかな?木にぬってみよう」」とか、落ちてるドングリやはっぱを拾って勝手に工作させたり、THE自由人B型 の私以外三人の発想にまかせて勝手に遊んでもらってるというかんじです^^;

私も「勉強が出来る子が成功する!」なんてサラサラ思ってないので・・・
そんなことよりむしろ、グチャグチャでもいいから4歳児と2歳児に毎日洗濯物を二人だけで干してもらうとか、
家の手伝いを手伝いと思わせずにあたりまえにやってもらうとか、
親は影から見つつ、スーパーで買い物してもらう、とか、
自分で考えて遊んだり、早く自立して生活できるように考えてやってます(・・・つまりは親が早く楽したいだけ??(笑)

ゆうこりん
2012/09/23 09:54
To ゆうこりんさん
自然に勝る美しい物はないですよ。自然の中で遊べたら一番いいなぁ。
天才数学者は美しい場所に現れる…だかなんだか、聞きかじった覚えが。
震災の折、原発事故の後、スピーディの情報も公開されておらず、不安で不安で毎日のように数学者のブログを覗いていた時期があります。でも結局政府(東電?)がちゃんとしたデータを公表してなかったので…これでは、どんな天才がいてもザンネンなことですよね。
EQは親がきちんとした生活を送っていたら、自ずと伸びそう…
最近のニュースで知りましたが、睡眠時間の多い子は脳の海馬も6時間睡眠の子より1割も大きくなるそうで。『寝る子は育つ』という先人の知恵は、まさにっっ!!
当たり前のことを当たり前にするのが、まず大事だと思いました。
みどりママ
2012/09/23 13:47
そうなのよね〜!
勉強が出来る=仕事が出来るでも無いのよね。。。
IQとEQの割合が1:3って妙に納得ですわ!
ただ、勉強しておかないとなりたい職業の選択が狭まっちゃうからね〜。
友達の子どもは勉強に興味が無いのだけど、なりたい職業が有って「これは○○になるには必要?」っていうのを基準に頑張っているようです(笑)

でも、みどりママはいつもえらいなぁ〜。
私に何かじっくり教えてやるって姿勢が無いので娘も全然その気なし。
近い、将来苦労するかも〜な我が家です(苦笑)
ココママ
2012/09/24 13:07
To ココママ
早期教育のデメリットもいろいろ研究されているようです。読み・書きに関しては、そのアドバンテージが小学生になると消えるとか。
…まぁ当然なんですけどね。いつまでも文字が読み書きできない人なんて、まずいないでしょう。
むしろ母親の語りかけの方が圧倒的に影響力がありますよ。一緒に本を読んだり、お風呂入って数を数えたり…触れ合うことが大前提の幼児期ですから。

来年 小学校に上がるので、通信講座を始めようかとも考えましたが、やはり小学4年生ごろになるまで、現状維持にしようと決意しました。低学年のうちは、数をこなすより、じっくりしっかり『覚えること』ですからね。
この時期 悩んでいる お母さんもけっこう多いんじゃないかなー?
自分自身、第2次ベビーブームの中 高校受験、大学受験したので長期的に考えてます。
みどりママ
2012/09/24 13:39
はじめまして
記事内容に同感! と おもしろい
両方感じました
6歳になる息子にはイロイロおべんきょうをさせているのですが、自分の周りを見ると高学歴だからといって幸せが比例しているとも言えず。
今の世の中、この先(イロイロな意味で)役にたつものを身につけてもらいたいと思います(本人の希望はピザ屋さんです)
それとスライム、ほんとうにオモシロイ!!
これもある意味いい経験ですよね
マック
2012/10/05 23:48
To マックさん
はじめまして!コメントどうもありがとうございます。
この長い不況と去年の震災で、今の世の中“サバイバル”だな…と感じています。
なおかつ、昔はなかったネット社会。私が漫画家時代にはここまでアレコレ言われなかったので、今のエンターテイメント業界もタフでないと、思い切った作品なんかできないだろうなーと。
叩かれることに慣れないとやっていけないです。
友達とも外で大いに遊び、人の中での立ち回り方も学んで、使える知識を身につけて、とことんタフに成長して欲しいな〜と思っています。
スライム、面白かったですよ。こういうの、けっこう子どもって喜びますよ!!最後は汚く変色してましたけどね…(笑)
みどりママ
2012/10/06 19:03
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

IQとEQ 『天才が生まれる教育』…探してみました ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる