ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語が苦手ママの子どもバイリンガル英語指導法

<<   作成日時 : 2012/01/11 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 14

アジア30の国と地域で実施された英語能力判定テスト「TOEFL」平均点ランキングを調べてみると、英語が公用語のシンガポール、準公用語のインドが1位2位なのは納得。
しかし、日本は70点で何と27位。ちなみに日本より低い点数だったのはラオスの67点、タジキスタンの66点、カンボジア63点の3か国だけ。
日本はどうしてここまで英語力が低い国になってしまったのか?

TOEFL「スコアデータサマリー2010年度」より 
昨年、DIGITAL DIME 配信の記事です。


これから少しずつ、日本を変えていかなければならない。
そのひとつが 英語 だと思います。

反対に返せば、この『英語力』こそ日本人の伸びしろ

日本経済も、英語によって意思疎通ができれば、上向くのではないか?そんな風にも思います。


どうして日本人は英語が苦手なのか?

文法の違い、感覚の違いなど要素はたくさんありますが、

とにかく英語を聞いて、話すことにおいて 『ストレス』 が生じるから…が大きい気がします。


聞き逃していい部分。表現法の違いがわかっていれば、そのストレスがだいぶ緩和できます。


全部理解しなくちゃ!!と思えば思うほど空回りします。


聞き逃して焦ったりもせず、なんとなく回答できれば、しめたもの!!

それができるように、子どもが小さな時から英語に触れさせておくのは大事です。

私が思うのは、2歳から 英語を教えるのがベスト。

それも、お母さんが直に教える ことが大事だと思います。


英語が苦手!発音ができない!と思う お母さんも多く存在しますが、私はむしろ それはいいことだと感じます。


稀に二ヶ国語・三ヶ国語堪能の人がいらっしゃいますが、子どもへの指導によっては、母国語を持たないセミリンガルになってしまうケースもあるからです。

セミリンガルになってしまうとどうなると言いますと、少々難しいことを説明しようとする時、例えば英語で話が詰まると日本語に、日本語で説明不足になると英語に…とシフト変更してしまうようになるのです。



それに、外国人の子どもだってそうですが、子どもは難しい長文など理解しません。

むしろ、簡単な短い文でいいのです。

母国語の日本語が主でいいのです。

英語が苦手な方が、むしろ好都合と思いましょう。


とにかく、子どもたちが英語に触れた時、ストレスを緩和してあげておけば、後で大きく羽ばたける…
辞書片手に一緒に勉強しよう
そんな風に接してあげることが大切だと思うのです。



生まれて0ヶ月からの赤ちゃんには、子守唄と同じように簡単な英語の歌を歌ってあげる。

私はよくキラキラ星を歌いました。

英語の歌のCDを買ってきて、それを流しながら一緒に歌いました。

2歳くらいになると、やはり心に残っているのか、拙いながらも一緒に歌ってくれるようになります。
これまた可愛いものです!!やる気が出て、たくさんの歌を歌ってあげたくなります。



1歳からは、単語を日本語と英語の両方で教えてあげるようにしました。

学研の『こどもずかん』はネイティブの発音がカタカナ表記で付いており、またHPでネイティブの発音が確認できる優れものです。
(発音の際、強く読むところだけ注意。太字になっております)

画像

かわいいイラストを見ながら、ひとつひとつ覚えるごとに褒めてあげる。


子どもって不思議で、私が一番危惧していたのは「英語と日本語をゴッチャにしないか?」だったのですが、
意外にも、子どもは発音の違いで それを区別できるのです。


単語がわかってきたら、徐々にステップアップしてあげましょう。

「これなあに?」を 「ワッツ ディス?(What's this?)」に。

回答はまず お母さんがしてあげる。

「イッツ ア ストロゥベリー」
こんな風に。

大事なポイントは、母音で始まる単語は、イッツ アン アント(It's an ant.)のようにアがアンになるところ。
ブドウのようにグレイプスと一房で複数となる場合「ア」が外れるところ。These are grapes.と なります。


英語と日本語の違いですが、物がひとつなのか複数なのかを英語では必ず明確にするんですよね。


子どもは好奇心旺盛で、特に男の子は好きな物のコアな部位も聞いてくるようになります。

例えば、わが家の坊は、昆虫が大好きで触覚のことやカブトムシの角について聞いてきました。
わからないことを聞かれたら、辞書!

They are antenae.(これらは触覚です)
It's a horn(角です)

2歳の坊は、虫の部位を あっという間に覚えました。


それと、指示は日本語と英語でします。
母親が一番多く子どもに使うのは
「片付けなさい!」ではないでしょうか?

Put it(them) back.
Put it away.
Clean up.

うちでは上記のような言い回しを使っています。


この「put」という動詞は、すごく便利です。

例えば「お皿をテーブルの上に置いて」も「Put the dish on the table.」
「服を着なさい」も「Put the clothes on.」
「冷蔵庫の中にしまいなさい」も「Put it into the fridge.」
「日焼け止め(薬)塗って」も「Put the sunscreen(the medicine) on.」

けっこう いろいろなシーンで使えるのです。


5歳の お嬢には、毎日15分ほどの時間の中で、朝何時に起きたか、朝ごはん何を食べたのか、これから何をするのか、どこへ行くのか、そんなことを英語で質問したりします。

「行ってきます」「ただいま」など、シーンシーンのフレーズを教えたりも。


それでも すぐに忘れます。
そして、何度も覚えなおします。


ネイティブの先生ですと、逆にあまり理屈を教えないですが、
「Let me see.(見せて)」のseeの部分を変えさせて、「ここを try にすると、“やらせて”という意味になるよ」
「see ではなくて use を使って、ママにパソコン使わせてって言えるかな?」と教えると
フレーズをそのまま覚えるのではなく、使えるのだ と気が付いてくれます。


「階段を下りる」=「Go down stairs.」と単純に丸暗記するのではなく、
階段を走り降りていれば、それは run down stairs であって、「歩いて降りなさい!」と注意したければ「Walk down stairs!」なのだ…と。


…丸暗記…

それこそが、生真面目な日本人の英語における欠点なのです。


使える英語、生きている英語を、日々実感することが大切ではないでしょうか?



もちろん、ネイティブではない母親が、すべてを教えようなんて無理なこと。

だからこそ、助走でいいのだと割り切ってください。

一緒に勉強してみるのも楽しいことなのですから



これからの日本を変えるのは、母親。

子どもに、たくさんのことを教えていきましょう。

もちろん、ストレスではなく、楽しみながら…



にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、ずいぶん前になるかな?
『ダメダメネコはこまったぞう』って絵本、英語と日本語両方載ってるってとこもおすすめだったのに書くの忘れた。
ハニ吉はさ〜耳悪いんじゃないかと思うねマジで。
英語であそぼ見ててもなんかビミョーだし!
ようやくRはちょっと違う言い方になってきたかなあ・・・怪しい。
ま、将来英語アレルギーにならず、コミュニケーションとれればいいってレベルだからうちは(爆)
うたこ
2012/01/11 18:32
To うたこさん
その本、早速チェックしてみます。ほとんどメイシーちゃんばかりになってしまって…バイリンガルの絵本、もう少し増えるといいなぁ。
あんまりやりすぎて、英語嫌いになっても元も子もないし、子どものペースを見ながら進めることが大切かも、ですね。
それにしても、日本の英語力の低さはビックリおったまげものなんですよね。丁寧さ、誠実さ、潔さ…世界にアピールできるものをたくさん持っているのだから、余計ザンネンです。
みどりママ
2012/01/11 18:55
そうなんですよね〜!!
親が苦手意識強いので、もう選択外なのよねぇ。
でも子どもは英語と日本語と中国語が存在する事を知っていて、「英語では何て言うの?」って時々聞いて来ます!
知ってる事は言うし知らない事は一応パソコンで調べるけど単語止まりです。。。
子どもと一緒に勉強するって良いかもです♪
ココママ
2012/01/12 16:00
To ココママ
娘ちゃんに言葉への興味があるなら教えてあげた方がいいよ。『こどもずかん』以外、私は電子辞書持ってるの。ネイティブの発音してくれるやつ。
団子虫はさすがに載ってなくて、英語教室で聞いたのですが…
ローリーポーリーっちゅうのね。見かけと、えらいギャップが…。
何がいいって自分で教えるのが一番安上がりだから!この時期は、それでも後々への効果大と思うのです。
みどりママ
2012/01/12 17:51
ストレス・・・まさに感じますねぇ

きちんと教えようと思い過ぎなのかも。。。

一緒に辞書を引きながら・・だなんて、想像しただけでも楽しそうですよね

親が興味を持って熱心に見てる物は、子どもも興味を示す確率も高いですしね

“put”が、そんなに便利だったとは・・
てか、私もお嬢さんや坊くんと一緒に、みどりママさんに習いたいです(笑)

使える英語、生きてる英語を感覚的に覚えるって大事ですよね

一緒にお勉強・・私に足りないのはソレです
あやの姫
2012/01/13 16:11
To あやの姫さま
最初はできるかなぁ〜、めんどうだし、わからないなぁ〜って思いますけど、習慣になると苦にならないですよ。ずっと英語話しているわけじゃないですから。
単語だけ覚えさせてしまうと使い方がわからないので、単純な文ででも教えてあげると、主語・動詞・名詞の順番に慣れますよ。
幼児のうちに英語に触れておくことが大事な気がします。始めるのが遅ければ遅いほど、英語に馴染めない子が多くなるので。
put…身に着けるものは、服でも薬(クリーム)でもput onなんだ!!みたいに、感覚さえつかめれば英語ももっと簡単に思えるかと。形容詞は、It's とかI'mをくっつければ使えますし♪
How are you?の後、日本人はパブロフの犬のように I'm fine thank you.And you?と答えてしまいがち…いや、具合よくないでしょ?!てな時も。
将来、日本人の英語力がもっと高くなればいいなぁと切に願います。
みどりママ
2012/01/13 16:46
日本人の英語は知識量からするとすごいはずなんですけどね。不思議と会話できないんですよね・・・私は文法の時間をサボっていたので知識もないですが。
この前パリで近くに座っていたブラジル人とロシア人たちは相当間違った&簡単な英語で会話していましたが楽しんでいました。やはり楽しんで使う、伝えたいことをどうやって伝えるのか考えるっていうのが重要ですよね^^
多くの子が子供のうちに英語は大変な勉強ではなくて楽しいことと思えるようになるともっと使える英語教育になっていくかもしれませんね^^
ゆーこ
2012/01/15 06:39
To ゆーこさん
私が自分の子どもに英語の指導をはじめたきっかけなんですが、ネイティヴの先生に教えてもらうようになったとたん、そのクラスみんなが英語を話さなくなったんです!!
ネイティヴの先生からのレッスンはいい面ばかりのように思いがちですが、実は日本語と英語両方で教えないと日本人…特に子どもが英語を理解するのは難しいと感じたんです。
お母さんがサポートできる期間だけでもそれをしてあげると、乗り越える壁がずいぶん低くなると思うんですよね。(プリスクールのように英語漬けならまた話は別ですが…しかしながらプリスクール→インターナショナルスクールに日本にいて日本人が通うメリットを私個人は見出せないです)
言語って反射神経ですよね。会話上手=要は話慣れているんでしょうね。話す機会が増えたら日本にももっと英語が根付くのかなぁ。
みどりママ
2012/01/15 15:30
日本にいてインターはよほどの理由がないとメリットが見出せないですよね・・・。私は分からないと質問してしまう性格なので何故日本人が授業中に話さないか個人的に理解できないのですが、実際そうですよね(大人も)。突然の変化にびっくりしてしますとか何かが恐いせいなら、お母さんのサポートがあるとずいぶん変わってきそうですね^^
ゆーこ
2012/01/15 19:23
To ゆーこさん
インターは…私の最初の勝手なイメージがすごく大きかったせいかもしれません。実際は中に入ると、小学生から高校生まで同じ敷地内だったので狭く感じてしまったんですよね。(広いところもあるのかも…ですが)
ゆーこさんの赤ちゃんはdual citizenshipですね。外国人・外国語に触れる機会が多いのでいいですね!大きくなっても、やっぱり外国に携わる可能性大と思いますよ。
みどりママ
2012/01/15 19:51
やっぱり、今までの英語教育が文法中心ってのも、悪いんですかねぇ・・・シスターズに関しては、もっと生活の中に入れてあげればよかったなぁと後悔〜オオボケちゃんは、小さい頃からやってるから、感覚でつかんでるけど、オセッカイオバチャンに関しては、英語自体、関心がいまひとつ(^_^.)
王子はその点、恵まれているので、今の英会話教室の教え方が合ってるのか、夕食を見て「あい どんとらいくきゃろっと〜」と言いました(笑) 私も今のネイティブの先生と会話するようになって、文法を考えず、アバウトでも通じるので、なんとなく学習のポイントが見えてきた気がする今日この頃です(^_^.)
あられ
2012/01/15 21:41
To あられさん
私が気がついたのは、たとえネイティブでも発音を聞かせているだけでは脳みそほとんど働いてないってことだったんです。喋らせて初めて学ぶ…といいますか。そもそも週一1時間足らずで習得できるものなんでなんにもないですし。
TVやDVDなんかの映像からも脳は刺激をほとんど受けないのは実証されているので、やっぱり英会話でネイティブ+毎日のお母さんの語りかけがベストなんじゃないかなぁと。面倒なようでも簡単な会話でかまわないので。
あられさんちは、スカイプで子どもたちが従兄弟さんたちと英語で会話すると 無料でベリーグッドな環境になりそう!と密かに思ってます♪
みどりママ
2012/01/16 07:08
アタシ、授業の英語は全然ダメだったんです。
でも、人と仲良くするのが大好きなアタシ。
一番最初に働いたスーパーでは、中国人(たぶん)のお客さんに商品の説明をするのに筆談。紙にひと文字「米」「良」「廉」「粉」「酒」こんな漢字を書くだけでなんとなく理解してくれて。
その後、回転寿司で握るようになって、やっぱり日本語のわからないお客さんに「そいそーす」「おくとぱす」「ちょっぷ つな」←ねぎとろの説明(笑)
片言レベル以下ですが、喜んでもらえました。
問題は…「あ、こいつ英語できる」と勘違いされて本気で話しかけられちゃうことが
完璧日本語耳なので聞き取りが苦手です。
みゆっち
2012/01/16 15:21
To みゆっちさん
いいですね!漢字でわかりあえる中国人。日本語と英語なんて、似通ったところがないですものね。みゆっちさんが会話しようとしてくれたことが、その外国の方は嬉しかったんでしょうね。
子どもの頃、坂の上から外国人と日本人が二人で歩いてきて、すごい!英語ぺらぺらなんだ!と尊敬の眼差しを日本人の方に向けたら、外人の方が「まぁ、そのぅ〜」と めちゃくちゃ流暢な日本語で話してました。
以来、その坂は私と友人の間で“まぁそのぅ〜の坂”と呼ぶように………
みどりママ
2012/01/16 16:38
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

英語が苦手ママの子どもバイリンガル英語指導法 ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる