ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 耳血パニック!!

<<   作成日時 : 2011/03/10 14:56   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

またしても坊の話なんですけどね。
もう本当に、本人自信たっぷりになんでもやります。
ドアの開け閉めはもちろん、階段を上がったり降りたりも自由にする。

階段は、さすがに危ないので注意すると、「やぁだッ」と拗ねテコでも動かなくなるか、「ごろん、痛い?ごろん、痛い?」と頭を下げ、落ちる仕草をして痛いのか確認しながら降りてくるので、余計危ない。

もうね、勝手にしなさい!とばかり、自由にさせてますよ。

外での遊びも、以前のように私が見張っていると「だめ!行って行って!!」と怒るので、窓を全開にして、時々チェックしながら遊ばせております。

お嬢が幼稚園から帰宅したら、お嬢に「坊が道路には出ないようにね」と一言言って遊ばせる。

やはり、2歳近くなって、自分でやりたいという意識があるんでしょう。

お姉ちゃんの真似は、高いところからジャンプする真似。(まだできないので、ゆっくり座って降りてから、地面で一回飛び上がる)
お絵かきする時は、横に座って、一生懸命点々と曲がりくねった線を描く。

「うまい?じょ〜ず??」と描き終わるごとに私に確認しながら。

気が付けば、ペンはキャップを外され全部床に投げつけられ、お嬢の顔(坊側)は坊によって描かれた線があちこちに。
そして坊の手も、線とブツブツがいろんな色で塗りたくられている…

キャンパスから飛び出すした芸術…とは遠い存在。

でも自信たっぷりに「じょ〜ず?」と聞くので、上手だよと褒めております。


そんなある日、

坊はその日、ご機嫌でやたらクルクル回るので、目を回して3回も転んで頭を打った。
「いちゃい〜〜〜〜〜
家の中だったので、あまり気にも留めず、「泣かないの」と叱咤。
メンソレータムを塗ってあげた。

そして夜。

パパが帰宅して、坊を抱っこしてハッと気が付いた。

が出てるよ

私は「え?」と驚いて坊を見ると、機嫌よくニコニコ顔。
パパは深刻な顔で、
「ほら、耳から血が…」

確かに、耳にはべっとり血が付いていた。
覗いてみると、かさぶたのように穴のところどころに血がこびり付いている。

「えー、これ、いつの怪我ッ
私は大慌てで、パソコンの電源を入れ、“耳血” を検索。

出てきたのは、『耳から血が出た場合、耳は脳に近いので緊急を要する…』など、さらに不安に陥れられる言葉が目に飛び込んできた。

「すぐに耳鼻科に行った方がいいな」
パパが言うので、私は「脳外科がいいよ」と提案した。

しかしパパの提案で、とりあえず、私と坊とで近くの耳鼻科に行くことにした。


やはり3回頭を打ったから、それで耳血が出たのかもしれない。
鼓膜が破れているか、もしくは脳にダメージが?!

それに耳鼻科も名医だったらいいが、見逃されたらどうしよう?!

よくニュースで、最初にかかった医者がヤブで、手遅れになった…なんて事件は数多い。

耳鼻科に向かう途中、イヤなことばかり頭に浮かんだ。


私は初めて診てもらう耳鼻科の待合室で、坊をギュッと抱きしめた。
この子に何かあったら生きてゆけない

1時間近く呼ばれず「ああ、救急車で病院へ行った方が良かったか?」そう悔やみながら、やきもきしていると、ようやく名前が呼ばれた。

「はいッ」
返事をして、急いで診察室に入ると、すごく頼りなさそうなお医者さんがいた。

この人で大丈夫か
そんな一抹の不安がよぎったが、とにかく診てもらおう。

「横になって」
「いちゃい?いちゃい?耳ぃ〜〜??」
坊はニコニコ笑顔で、おとなしく横になった。

先生が頼りない分、詳しく状況を説明した。
「耳掃除は1週間前くらいにしたので、それで血が出たわけではないと思います。3回転んでいたので、それで鼓膜が破れたか、もしくは…」
深刻と分かれば、しっかり慎重に診てもらえるだろう。

私の説明で先生も看護士さんたちも俄かに緊迫して、みんなで真剣に坊の耳の中を大画面で見た。

モニターは最新のハイビジョンで、鮮明な色を映していた。

耳の中は、鮮やかなショッキングピンクに染められていた

全員、しばらく無言だった。


そして
「………なにかで塗りたくられていますね………」
小さな声で先生は告げた。

私はハッとなった。
そうだ。坊は、昼間、お嬢の横で絵を描いていた。
お嬢の顔も、手も、すごい色に塗られていたではないか!!
坊は、自分の耳の中までグリグリ塗っていたに違いない

先生は、ゆっくりカメラを移動させ、坊の耳の穴を懸命に診てくれた。
「………耳アカがたまっています………」

3Dでなかったのが、せめてもの幸いだった。

血に見間違えたシロモノは、どうやらサインペンのショッキングピンクが耳アカとミックスされ、血のような赤い色となり、穴付近にこびり付いたようであった。


こうして、坊は耳掃除だけされ、初診料と耳掃除代を支払い、帰宅した。

ちなみに、耳掃除好きの坊は、耳をこちょこちょされウットリ恍惚な表情であった…

画像


私は考える。
あの時、脳外科に行かなくて、救急車を呼ばなくて、本当によかった …と。

今日も坊は転んだが、
「唾でも指で付けときなッ

男の子の親は、こうして逞しくなるのである。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ナイス
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
すっごく、すっごく、すっごく心配しながらドキドキしながら読んだだけに・・・・



笑いが止まりませんでした

もぅ〜、ビックリさせないで下さいよ〜
ひさしぶりにオナカが筋肉痛になりそう

けど、大事に至らなくて良かったですよ

そう言えば、うちの彩乃も2歳前の時。。
高熱でて、耳が痛い〜としきりに泣くので耳鼻科に血相変えて行ったら『耳垢がゴッソリ溜まってます』と言われ恥ずかしめにあった事が
あやの姫
2011/03/10 15:27
それは、ビックリですよね〜
救急車呼ばなくてよかった(#^.^#)
男の子って、よく転ぶし、落ちるしで、心配なことだらけですよね〜 そういわれれば、私もすっかり慣れちゃった(^_^.)
お嬢は、坊に塗りたくられても、怒らないんですね〜
優しいなぁ・・・我が家では、オオボケちゃんは、楽譜に落書きされ、激怒し、王子クンは大泣きしていましたよ〜
これからも、坊の武勇伝は続くのでしょうね!逞しい母目指して、お互い、頑張りましょう!!
あられ
2011/03/10 15:47
結末を知っているだけに,読み始めから,笑いが止まらず,マウスを持ったまま笑うので何回も戻ってしまいました。しかしまた何もピンクを塗らなくても,,,微妙な色で血と間違ってしまうよね。
そういえばうちもSeiが熱を出したとき,空いているからと行ったお医者さんが,けっこうお年を召していて,診るなり,どうしたの?風邪を引いたんか?とSeiに聞いたので,それを診ていただきたいのになあと不安になった覚えがあります。
ティッシュアート
2011/03/10 17:02
坊、また派手にやってくれましたね〜前半「え〜大丈夫なの?坊」と思いつつ読み続けると…んッ??
さすが男の子ダイナミックなイタズラ??をしてくださいますな
娘はここまでやんないから、いやはやびっくりまあ、笑い話のネタで済んで良かったの一言ですね〜
でも紛らわしいよね。親はあせるじゃんか
ついでに耳垢もキレイにしてもらって良かったと思っときましょう
で、写真の坊の表情は耳垢掃除の時のですか?
のっぽ
2011/03/10 21:27
To あやの姫さま
子どもの耳垢掃除って、けっこう難しいですよね。綺麗に取ったつもりでも、奥に残っちゃいそう。あまり奥に綿棒入れるのも怖いし…
ゆうりくんも男の子だからビックリすることやるよー、その内。最初に女の子産んでいると、あまりのギャップに驚かされます。
みどりママ
2011/03/10 21:48
To あられさん
王子も怪我、絶えないんじゃないですか?坊は猫に引っかかれたり、オデコぶつけたり…。危ないところに無理やり登ったりするから、もう大変。女の子とこうも違うのか〜と。
お嬢は、幼稚園行く前にほっぺがカラフルに彩られ、しかも拭いても取れず…
物を取られたりすると、やはり怒ってぶったりするんですけどね。顔を塗られるのはOKみたいで。
みどりママ
2011/03/10 21:52
To ティッシュアートさん
もう心配した分、脱力しました。
画面いっぱいに耳垢とショッキングピンクが目に飛び込んできた時には、私は顔面蒼白…ではなく赤面しちゃいました。
そうそう!青とか緑で塗ってくれていれば「ああ、サインペンね」とすぐ判断付いたんですけどね。ひょっとして確信犯ッ!?
みどりママ
2011/03/10 22:02
To のっぽさん
恐らく女の子の親御さんは、絶対わからない世界だと思います。
私も お嬢一人の時は、ママ友の子(男の子)が公園に着くなり木の棒を引っつかんで来たのを「やだわ〜、お手てが汚れちゃう…」なんてビックリして見ていたんですが、今や“棒は当然の必須アイテム”とみなしております!!
耳掃除の時の坊は、薄目を開けてさらにウット〜〜〜リした表情です。ちなみに、お嬢も耳掃除好きです。
みどりママ
2011/03/10 22:03
何事もなくて(いや、耳アカはあったけど)よかったですね
耳掻きはうちの子たちも好きだったんですが、耳掻き先のシリコンカバーが破損してプラスチックがむき出しになっているからか、ちょっと掻いても「痛い」というようになりました。
やはりシリコンカバーは必需品…!?
子供の耳にはどんな耳掻きがよいのでしょう。
marimero
2011/03/11 12:32
To marimeroさん
真剣に心配しましたが、なんでもなくてよかったです。大人だったら耳の中を色ペンで塗ってみよう…とは思いませんものね。子どもは想像を超えたことをしでかしてくれます。
耳掻き、うちは綿棒が主です。反対側が耳掻き状になっているやつ。
でも、パパが担当です。細かいことは全部パパ!!
みどりママ
2011/03/11 12:43
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

耳血パニック!! ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる