ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法の瞳

<<   作成日時 : 2011/02/28 15:12   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 19

先日、幼稚園の『お買い物ごっこ』がありました。1ヶ月以上前から、クラスみんなで一生懸命、でんでん太鼓を作ったり、偽者のチョコバナナやキャンディーの詰め合わせ、ショッピングバッグやお財布、お金を作っていたようです。
私も幼稚園で同じように『お買い物ごっこ』したなぁ…とふと思い出しました。

お金を作って、品物を売ったり、買ったり。毎年、とても楽しみにしていたなぁ。

お嬢の成長に合わせ、自分自身の眠っていた記憶が蘇ってきたり。
それも、子育ての楽しいところですね。


ところで
お嬢は、友好関係が広いのか、毎日いろいろなお友達の名前を言うので、「ちょっと数えてみようか?」と一緒に遊ぶ友達の名前を挙げさせてみたところ…

女の子、男の子含め、15人 でした。

クラスが30人強なので、半分近くの子と遊んでいるようです。

お嬢の言うところの“お友達”は「あーそーぼー!」と誘って、OKな子のようです。


でも、そういった友達以外の子のことも時々名前が出て、「●●ちゃんは、今日は縄跳びしてたらケガして泣いちゃってね」とか、「■■くんは鉄棒、すっごく上手なのよ」と詳しく話してくれる中に、ひとり 「その子ね、いつもひとりぼっちで遊んでいるのよ」と言う男の子がいました。

その子は編入生の空くん。(※仮名です)

「声、かければいいじゃないの」
私が言うと、お嬢はムキになって
「かけてるよ!毎日」

どうも、お嬢はクラスのほとんどの子に毎日「あーそーぼー!」と声をかけているようなのです。

だから「今日はね、新しい友達ができたの」とウキウキして帰宅したり。
「やだよ」と言っていた子が、いつの間にか一緒に遊んでくれるようになることが、至上の喜びに感じているみたい。

お嬢は、けっこう誰にでも声をかけるタイプ。…というより、声をかけずにいられないタイプで、
先日は、ご近所でも評判(?)の“近所とのお付き合いを絶対しない”和田さん(※むろん仮名さ!)に、
あろうことか、
「うんこさん〜〜〜 うんこさんですよ〜〜〜〜〜

お下劣なワード炸裂で、おどけて見せていた。

ゲッ
よりによって…

居間にいた私は、窓からすっ飛んで、お嬢の首根っこを捕まえ、すぐにでも引きずって連れてきたい衝動に駆られたが…

なんと!!和田さんはニコニコ笑って、お嬢と談笑していた。

仏頂面の、あの和田さんがッッ


私は、「ウォ、ウォ、ウォ、ウォ〜〜〜タ〜〜〜〜」 と叫んだ
ヘレン・ケラーを目の当たりにしたサリバン先生の気持ち だった。

この人は愛想がないから…と、だんだん挨拶するのもおっくうになっていた自分だったけれど。反省。

お嬢は「この人は反応が悪いから避けよう」とか、全然お構いなしのタイプのようだ。

だから、一人ぼっちで遊んでいる空くんが気になるのか、空くんの話題はけっこう頻繁にしていた。

実は、私はなぜ空くんがいつも一人でいるのか、理由を知っていた。

空くんは、心を閉ざした子なのだ。

だから、みんなと一緒にできることが限られている。
発表会などでも、いつも先生が付き添わなければならなかった…

「空くんね、今日はお部屋の床に寝転んでいたの。先生がイスに座りなさいって注意しても、ずっと寝っ転がっていたの」
お嬢は、しきりに不思議がっていた。

私は、お嬢に空くんが特別であることは絶対言いたくなかった。
なぜって、大人が線引きしたとたん、『特別』ができてしまうから。
お嬢は、お嬢の目で、空くんを仲間と感じているのだから。

私は余計なことは言わず、1学期からずっと、お嬢の空くんの話を聞いていた。
「空くん、イヤだって首振って、今日も一緒に遊ばなかった」
「わたし、空くんにお手紙書いて渡したんだけど、ぜんぜん受け取ってくれないの。だから先生に渡してカバンに入れてもらったの」
「先生、怒ってた。空くんが言うこと聞かないから。ちょっと怖いくらいに、イスに座ってねって、怒ってた」
「みゆ先生も、みすず先生も、空くんを厳しく怒るようになったの」
「最初はね、空くん、ぼーっとしていただけだったけど、最近はね、怒られると泣くようになったの」

空くんの成長が感じられた最近の お嬢の言葉に、私は密かに嬉しくなった。

「空くんね、しゃべるようになったの。ちょっとしかしゃべらないけど、私が話しかけたら、話してくれたのよ」

みすず先生も、みゆ先生も、とても穏やかな先生だ。
きっと空くんのご両親が他の子たちと同様に怒って欲しいと願って、普通に接していらっしゃるのだろう。

空くんの心に、少しずつでも、変化がでてきているのかもしれない…

それに、話すようになったなんて!!すごい進歩だ。


ところが、一方で、お嬢もやはり空くんは何かが違うと感じ始めていたようだった。

「空くんは、どうしてみんなと違うの

クチが達者な お嬢は、『障がい』という言葉を聞けば、すぐに理解してしまうだろう。
だから、絶対その言葉は使いたくなかった。


「空くんはね、赤ちゃんみたいな心の持ち主 なんだよ」
「………………………………」

「体は同じように大きくなっているけど、心がまだ赤ちゃんのままなんだよ。だから“したいこと”と“したくないこと”がハッキリあって、どうしても譲れないんだよ」

「赤ちゃん?…てことは、坊みたいなの??」
お嬢は弟を指差した。

「そうだよ。ネネは、弟に優しくできるでしょ?一緒に遊んであげたり、助けてあげたり。だから、空くんにも優しくできるよね?これからも、いっぱいいっぱい話しかけてごらん」

「うんッ
お嬢は笑顔で、力強くうなずいた。

私の表現は正しくないかもしれないけれど、お嬢は明日もあさっても、変わらず空くんに話しかけるだろう。
空くんもあまりにうっとうしくて「やめて」とか「やだよ」とハッキリ断ってくるかもしれない。

いずれにしても、同じクラスで一緒になって、言葉を交わさず終わるよりは、ほんの少しだけいいだろう。

もうすぐ年中。クラス換えもある。
私は空くんの話が聞けなくなることを、少し寂しく思っている。


いつか、お嬢もその違いをはっきり認識する日は来るだろうけれど、大人が作らない限り、子どもの瞳には すべて『同じ』に見えているのだ。


その魔法の瞳、いつまでも忘れないで。


画像



にほんブログ村 子育てブログへ  人気ブログランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
生まれたときはみんな純粋だと思うけれど、環境によって瞳は濁ってきたりしますよね。大人の色眼鏡になるべく触れさせたくない気持ちに大賛成です。
ポチ、ポチ、ポチ!
ティッシュアート
2011/02/28 16:10
いつから区別したり、線を引いてしまうようになってしまうんでしょうね。ピュアな心のままでいたいけど社会によって大人によって、それに子ども同士でも嫌なことされたりしたりで少しずつ汚れてしまうのかしら・・
それにしても、挨拶もままならない隣人も『うんこさんダンス』で心ほぐれるかしら?
りりこ
2011/02/28 16:33
子供に説明するのって難しいわね。
私もお嬢のように誰にでも話しかけて仲間にするタイプなのよー。
昔は物おじしないって言われたけど最近では若干おせっかいだわね・・・(遠い目)
いいことも悪いこともあるけどこういう人も必要だよねーと思ったりしてるのね。
恐らくハニ吉はそういう子がいたらじっと見ている子だな・・・これもいいのか悪いのか・・・
これからそういう人とか目に見える人と違う部分を持った人にたくさん出会うでしょう?
その時どうしたらいいのか教えるのすごく難しい気がしているのです。
なんだかウルっときた。
2011/02/28 18:07
↑名前にタイトル書いちまったわ!(爆)
うたこ
2011/02/28 18:08
読んでてウルウルです(TOT)
みどりママさんは素敵なママですね
お嬢もどうかそのままで居て欲しい!
我が家の自由人クンもお嬢みたいな子と出会うと良いな☆
みどりママさんみたいな保護者とも(つд`)
bachu★
2011/02/28 18:14
子供にとってハンデを持ってる持ってないは関係ないんですね。
ただ単に、どうやったら仲良くなれるか?
どうしたら一緒に遊べるのか?
すごくシンプルですごく素敵な事ですね!
それを、じっと見守り聞いてあげられる、みどりママも素敵です。
空くんのご両親も、お嬢の手紙さぞ嬉しかったでしょうね!

隣人も笑顔にする「うんこさんダンス」生で見てみたいっす〜(o|o)
ココママ
2011/02/28 19:21
To ティッシュアートさん
私は『愛しのローズマリー』という映画が好きで、何度も見ているんですが…最初に見た時、どうってことないコメディーという感想が、年を経て見返す度、なんて素晴らしいのだろう!と、180度違う印象になっていきました。
ストーリーは、いつも外見でしたか女性を見れないビジネスマン・ハルが、催眠術によって、心の綺麗な人を実際にも綺麗に見えるようになる。で、スーパーおデブちゃんのヒロインに恋をする。ヒロインはハルの目にだけモデルのような超美人!というコミカルな お話。
登場人物には、障がいのある人たちが多数出演していて、でもみんな「どうってことない、普通だよ」という自然体。(スーパーマン役だった故クリストファー・リーヴも出演していました)
そして何度も見る度に「ああ、こんな瞳を持てたらなぁ」と思うようになったんです。そして、お嬢を見ていて気が付いたんです。
子どもって、私が憧れているその魔法の瞳を持っているんだ!と。
いつか魔法は解けてしまうのでしょうが、願わくば、長く長く持っていて欲しい。そして、その瞳を持っていたことをいつまでも忘れないで欲しいです…
みどりママ
2011/02/28 23:07
To りりこさん
大人になるって時に悲しいですね。でも子どもは早く大人になりたがります。大きくなったらできることがたくさん増える!と信じて…実際は体が硬くなったり、足腰弱くなったり。私は若返りたい〜〜〜。
うんこさんダンス、ぜひその隣人にお試しあれ!!
みどりママ
2011/02/28 23:09
To うたこさん
私も一瞬答えに詰まりました。どう言えばいいのか?!
お嬢には空くんへの態度を変えず、今までどおり普通に接して欲しいと思い、このように伝えたわけですが…難しいですよね。

“ハニ吉”というところで「あ、うたこさんだ!」とわかりました。かく言うワタクシも、ニックネーム欄に最初“To うたこさん”と間違っていて書き直しました(爆)
みどりママ
2011/02/28 23:20
To bachu★さん
私、空くんと空くんのご両親に感謝しているんです。空くんとの一緒の時間は、お嬢にとってもとてもかけがえのない時間。
子どもたちが『魔法の瞳』を持っているとすれば、空くんは『天使の心』を持っていると思うのです…
できれば、ずっと同じクラスでいて欲しいです。
みどりママ
2011/02/28 23:25
To ココママさん
私ね、思うんですよ。今や勉強ができるだけ(学歴ONLY)でよかった時代はとっくに終焉してるし、社会にはモンダイが山積み…高齢化だってどんどん加速…
未来を担う子どもたちは、“競争”より“共存”できる力というか、もっと人間同士向き合えるようタフにならなきゃダメだって。
これからは…というより、これからこそ、他者への思いやりがどれだけできるかが、より大切になると思うのですよね。
が、しかし!私より子どもの方がずっと、人への接し方が自然体だったなぁと、今回は気付かされました。うんこさんダンスであれだけ心を開かせられるなんて…

お嬢は、空くんへの手紙に、空くんの似顔絵と自分の似顔絵を描いていました。まだ字より絵が多い手紙ですが、一生懸命描いていたから、空くんが手紙に関心がないようでちょっと傷ついたみたいでした。
みどりママ
2011/02/28 23:40
お嬢は懐が広いんだよ!きっとみどりママも驚くほど隔たりが無くて何でも受け入れ態勢OKなんだよね。ステキな事だわ。きっとお嬢が書いたお手紙はご両親が一番嬉しかったと思うよ。きっと空君にも通じていると思う。
先生もそんな姿を見守っているだろうから来年も同じクラスになるんじゃない?また経過報告待ってます!
あきらママ
2011/03/01 12:23
To あきらママ
ホントに一緒のクラスだとうれしいです。バスごとに組み合わせが変わるらしく、同じバスの親友2人とは同じになりそうな感じです。空くんは別のバスだから…どうかなぁ。
お嬢より年上のあやちゃんという子が、とっても面倒見のよい女の子で、お嬢がいじめられたりすると頭をなでてくれたり、非情にお世話してくれたの。
あやちゃんのお陰もあって、人に優しくすることの大事さを覚えた気がします。今度入園してくる年少さんも、泣いていたりいじめられたりしたら、お嬢が守る!なぐさめるんだ!と今から息巻いています。
あやちゃんは卒園だけど、優しさの連鎖はつなげていきたいです。
みどりママ
2011/03/01 13:48
お嬢ちゃんのおおらかさ・懐の大きさに脱帽!です
大人になるにつれて真っ白でシンプルだった心に色んな感情が入ってついつい「損得勘定」やら「好き嫌い」やらである意味カラフルになってしまいますね。
それが大人になるって事なんでしょうけど、いかに白い部分を残すか。そこが成長の醍醐味かと思います。
お隣の和田さんもそんなお嬢の真っ白な心に触れたからこそ、笑顔になれたのでは
空くんの事も障がいがある子に自然に接する気持ちを持って成長したらきっと素敵な女性に成長できると思う。空くんとまた同じクラスになれるといいですね
のっぽ
2011/03/02 11:44
To のっぽさん
生後4ヶ月から3歳になるくらいまでの お嬢の人見知りは超すごかったです。どうして!?と悩んでしまうくらい、人が苦手だったのが、今ではまるでウソのよう。子どもって不思議ですよね…いろいろな時期がある。
私もパパも人と話すのが好きなので、そのうち お嬢も…と思っていたら、私より遥かに話好きに!!「あ、反応イマイチなのに」と私が尻込みしそうな人にまで、話かけつづけます。その逞しさ、持ち続けて欲しいです!!(笑)
空くんとまた同じクラスになれたら、嬉しいですね〜。空くんの話を聞くのも、すっかり私の楽しみのひとつになっております。
みどりママ
2011/03/02 13:54
お嬢、ナイスです!!
私も、どうしても、先入観が出ちゃって、話しかけられない人ですが、お嬢を見習って、頑張らねば〜
空くんのこともスゴイですよ!!ビミョーに違うことを察して、遠巻きに見てるお子さんも、きっと多いと思います(^_^.) でも、お嬢みたいに話しかけてくれる子がいて、空クンのママさんも、心強いんじゃないかな〜 きっと空クンもウレシイと思いますよ(言葉にできないだけで)みどりママさんの育児のタマモノですね〜
みどりママさんの空クンの説明もスバラシイです!!
オオボケちゃんの学校は、特別支援学校の子との交流が盛んなのですが、オオボケちゃんのお友達で、「ちょっと面白い子だよ」って言いのけて、積極的にかかわってたお子さんがいて、わが子もこうでなければいけないなと、また気持ちを新たにしました\(^o^)/
あられ
2011/03/02 14:40
お嬢も、みどりママさんも素敵〜
世の中・・お嬢や、みどりママさんみたいな方ばかりだったら、この世は偏見とか差別とか無い世界になるんですけどね

空くん・・4月にクラス替えがあっても、また同じクラスになれたらイイですね

うちの姫にも、そんな瞳を持って育って欲しいです
うちの姫も、いつか人と違う事に気づくんでしょうね〜今は、大好きな1人で、なんの違いも感じてナイみたいですけど
あやの姫
2011/03/02 16:40
To あられさん
話しかけても毎回反応悪かったり、相槌しか打てない相手だと、なんか話しかけるのがめんどーくさくなってしまいますよね。お嬢は「ヤダ」と断られても、また一緒に遊ぼうと誘うみたいです。ガッツがあるのか、鈍感なだけなのか…
空くんの話は今日もしてました。
男の子たちが「しゃべれよ!しゃべれよ!」と囃し立てたら空くんはそっぽを向いたそうです。でも、お嬢が「今日の天気はなーんだ?」と話しかけたら、空くんは一言「…晴れてる…」と答えてくれたそうです。
その話を聞いて、私も「空くんに無理やり話させようとしちゃだめだよ。“もうすぐお花が咲くね”とか、毎日いろいろ話しかけてごらん。空くんは答えてくれるよ」と言いました。
もしかしたら空くんの方が、その無垢な心で、相手のイジワルな気持ちとか、優しさを敏感に感じとっているのではないか?と、ふと感じました。
空くんの瞳に、大きくなった お嬢が今と変わらぬ姿で映っているといいなぁと思いました…
みどりママ
2011/03/02 22:42
To あやの姫さま
あやのちゃんのと悠力くんの お顔を拝見していると、いつも心が温かく、顔はつられてニッコリしてしまう私です。
あやのちゃんも悠力くんも、すくすくと優しい心を持った健康健全な お子さんに育っていくのではないでしょうか?
人と違うことが悪いことではなく、個性として捉えたらいいですよね。考え方や見方をちょっとだけ変えると、世界はガラッと変わると信じています。
みどりママ
2011/03/02 22:47
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

魔法の瞳 ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる