ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼくらとみどりママの41日間戦争

<<   作成日時 : 2010/09/08 13:09   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 22

記事タイトルに“ぼくら”とありますが、主役はもちろんワタクシ…みどりママです。
え?なんでかって!?

………………………………………(沈黙)

これは私のブログじゃーーーッ

と無意味に(怒)ったところで(←すいません…)本題ですが、

体調崩してまで、夏休み中 お嬢と坊をプールや児童館に毎日連れて行ったのには、当然理由がございました。
その理由とやらは、近所の小学生 悪ガキッズ♂3人組 です。

近所中の子どもたち、総勢10人(うち女子6人)が出ている時はぜんぜんダイジョウブ。
女の子は比較的全員よくできていて、やはり同い年でも精神年齢が男子より上なのでしょう。だから他にも女の子が遊んでいれば、騒がしいケンカは滅多に起こりません…

でも、1対1や2対1、3対1で、お嬢だけが女の子…という場合、必ず3分ごとに泣かされる。

また負けん気の強い お嬢は、立ち向かおうとするので、なお悪い!!
加減を見計らって引く…なんて、3歳児には土台ムリなんだろうけどさ…

他の子たちは、お嬢と年が最も近い子で6歳と3つも上。
1歳児の坊やルーリーちゃんはまだみんなに混ざって遊ぶことができないため、お嬢が一番下のミソッかす扱いになるわけです。

まぁね、泣かされるだけなら、いいんです。

悪ガキッズの言葉が眉をしかめるほど乱暴で、それが お嬢にもうつるのが大モンダイ。

まぁまぁまぁ、小学校低学年くらいだと、少々乱暴な言葉遣いは当たり前なのかもしれない。
子ども同士ならば、まだかまわない…
がッ

悪ガキッズ、私や他の大人にも、平気で「コノヤロウ」「うるせーな」と言ってくる。

でもね、親がそれを注意していないわけではないのだ。
悪ガキッズのガキ大将くんの親御さんは、ものっすごい厳しくしている。

しかし…
注意する際の言葉がまた少々ランボーだったりするのだ

怒る時、親も注意しなきゃならんなー、と人のフリ見て我が身を省みる。(つい、やっちゃうよね)
子どもは結局親の言葉をそのまま使う。
子供同士だけでなく、大人にも使ってしまうのだ。悪気なんて毛頭ない。


私は自らの鉄則⇒3回目までは決して怒らないを守り、お嬢と坊を午前中は児童館で遊ばせ、みんなが外に出てくる夕方から、子どもたちをそっと見守ることにした。

悪ガキッズメンバー、ガキ大将くんの他は、病院の院長 孫 のっぽくん。
のっぽくんの口癖は 「死んじゃった…
この病院の致死率と因果関係があるのかは、不明。

そしてガキ大将くんのお気に入り、ペコくん。
ペコくんは太った体でちょっぴり泣き虫。
だから、このメンツの中でイジワルされることもある。

ペコくんも夏休みの間にすご〜く口が悪くなった。
ベイブレードのことをパパが尋ねたら、「うるせえ、バカ」と言ったらしい…

さてさて、
ご近所の子どもたち全員勢ぞろい、赤ちゃんも加わり、みんなでマンホールの周りに石を丸く並べていたので
「上手に丸く並べたね」と私は褒めた。
とたんに「丸焼きじゃねーよ!コノヤロー」と、ガキ大将くんが石をスコップに入れて飛んできた。
どうやら“丸く並べた”を“丸焼き”聞き間違えて、キレたらしい。

すぐキレるのも、この子たちの特徴。
しかし、怒らない、怒らない。

次の日「遊ぼう」とうちの前にやってきたガキ大将くん。
お嬢は喜んで外に出た。
そっと様子を伺うと…

「遊ぼう」と自分から誘った割りに お嬢が「貸して」とオモチャをねだると 「ムリ」 と断る。

すると お嬢もすぐにつまらなくなり家に戻る。
またしばらくすると「遊ぼう。さっきはごめんね」
そして、同じことのくり返し。

次に、お嬢から「遊んで」と声をかけた時は、男の子3人すでに揃っていて
「ムリ。ここから入ってこないで」
ペコくんだった。
「じゃあ、これ貸して」
「ムリ」

そして、私のところにペコくんはとことこやってきて、「これ使ってもいい?」
お嬢のキックボードを指差した。
お嬢は「いいよ」と言って、ペコくんにキックボードを渡していた。


児童館を早めに切り上げたある日、お嬢がのっぽくんと自転車に乗っていた。
二人に「暑いから、帽子かぶりなよ」と私が声をかけたら、返ってきた言葉は

「うるせー」

………さて………
そろそろ堪忍袋の緒を切りますか。


「その口の利き方、大人に向かってか〜〜〜ッ

私の変貌振りに、のっぽくんは腰を抜かして自転車から転げ落ちた。
たぶん、私の髪の毛は蛇のようにウネウネしてそうな、おどろおどろしいオーラが四方八方に発散されていたにちがいない。

「ごごご、ごめんなさいッ」
のっぽくんは何度も何度も謝ったので、私もそれ以上何も言わなかった。
お嬢を家の中に促して、その場を去った。
しかし、お嬢も私の迫力にあっけに取られていた。

ええ、堪忍袋が切れたら怖いですから!!

しかしね、謝ってくれるうちは、かわいい。
注意しても「なんだクソババァ」なんてことを言うようになったら、もう手遅れに思う。

だが、またある日は、今度は お嬢がガキ大将くんの真似して「クソジジイ」と口にしたらしい。
すると、一斉にのっぽくんとペコくんが私に言いに来た。
「なんて口利いて!」お嬢を家で3回叩いた。
「クソジジイ」という言葉の意味事態、よくわからず口にしたようだった。
だが、汚い言葉が大嫌いな私は容赦しない。

キャビンアテンダントになった大学の先輩が言っていたけれど、CAでバイリンガルなんて、実はそうそういない。
じゃあ、何が大切かって、キレイな日本語を話せるかどうか だそうだ。
もちろん就職に大切なだけじゃない。
言葉は、その人を表すもの。
口汚い言葉で彩られた、ハッピーライフなんてありえないでしょ。


それから、しばらくして お嬢がまた何かしでかしたと のっぽくんとペコくんが言いに来た。

近所の男の子たちは、この日に限らず、何かと言いつけるのだ。
チクリ魔と言っても過言ではないくらい。
だから お嬢も 「○○ちゃんが何々したよ〜」と、その子のママに言いつけるようになっていた。
私にはそれも、美学に反する

「余計なことばかりするんじゃないのッ!」と お嬢を叱咤。
「男が告げ口ばかりするんじゃないよッ
ケンカ両成敗だ。
思わぬ怒りの矛先を受け、のっぷくんとペコくんは一瞬で黙った。

躾を通り越して、男の美学道まっしぐら

だが、それでも懲りない悪ガキッズ。
今度はペコくんが院長(のっぽくんのおじいちゃん)に「クソジジイ」と暴言を吐いた。

側にいた私はすぐに叱った。
前の日には、ペコくんのお母さんが同じことで叱っていたのを見ていた。

「そういう口の利き方しちゃダメだって言われていたよね!?謝りなさい」
でも、ペコくんは謝るのは男らしくないと言って、下を向いて膨れた。
両腕をつかんで揺さぶりながら
「ちゃんと謝りなッ!潔く謝るのも男だよッ
真剣に言った。ちょっと悲しくもなった。
でも、そうじゃない?悪いことして、ちゃんと謝れないなんて最低だよ。

ガンとして言うことを聞かなかったペコくんだったが、ようやくちょっと態度を軟化。
私の気持ちが伝わったか否か定かではないが
「………ごみんなさい………」
消え入るような声。頭を斜めに下げて謝った。

院長は、私とペコくんに交互に笑いかけてくれた。
親でもないのに本気で怒っていたから、驚いたのかもしれない。


他人の子どもを叱るという行為、賛否両論だとも思う。
自分の子どもが叱られたら気分良くないんじゃない?そう言われたら、そうかもしれない。

けれど、自分の体験としては…

子どもの頃見知らぬ大人に怒られた経験を、「怒ってくれてありがとう」と感謝もしていないけど、そう悪くも思ってはいない。
むしろ、注意してもらって、ひとつひとつ社会のルールを学んだ気がする。

いけないことといいことが曖昧なうちは、学校任せにしないで、それを教えてくれる第三者がいていいのではなかろうか??
たとえ「クソババァ」と言われようが、めげてはいけないと思うのだ。


暑い晴れの日、児童館に行くため車を出していたら、ガキ大将くんが手を振りながら誘導してくれた。
「ありがとう」
笑顔で手を振ると、ニコニコ追いかけてきた。ペコくんも笑いながら顔を出した。その向こうでは、のっぽくんが舌を出して自転車に乗っている。

悪ガキッズは、まだあどけない、とてもとても愛しい存在でもあるのだ。
みんな元気に、“いい男”に成長して欲しいと切に願っている。
いや〜〜〜、それにしても、まぁよく怒った夏でしたよ…

画像


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

  とにかくポチッと3連打


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
大変な夏だったんですね。
電車に乗っていたりしても小学生くらいの子供の言葉遣いが気になることが良くあります。
周りの大人にまでうるせーなどと言う子は自分が小さい時はいなかったような気がします(良く覚えてませんが)。
しばらく様子を見て、叱る時は他人の子でもしっかり叱ることは良いことですよね!こういう近所付き合いが子供を礼儀正しく育てるような気がします。
FUJI
2010/09/08 13:46
To FUJIさん
こういった汚い言葉を言われると、最初はビックリして二の句が継げないです。親がいる手前なら、親が叱るべきですけどね。それをしない親御さんも中にはいるわけで…
幸い、私の近所では「お互い叱ろうね」と協定を結んでいるのでまだ叱りやすいです。
仲の良い間で、取り決めしておくといいかもしれない。大きくなってくると、親より他人の言うことの方が素直に聞いてくれることも多いですから。
みどりママ
2010/09/08 14:11
ウチの方は子供達が外で遊んでいる姿を見ないな〜なんて思っていたけど、私が昼間いないんだから見かけないわよね。
先日、長男が図書館で絵本を落として司書の女性に叱られたんだけど、それ以来本を大事にするようになったわ。やはり親以外からの叱責は必要不可欠。大人が地域の子供達に関心を持って、毅然とした態度で叱るべき時は叱る!という態度が必要ね。
子供同士の汚い言葉を覚えるのと同じように、周囲の大人の無関心さも子供達は吸収するからさ、涙を呑んで、お互い怖い存在でいましょう!
あきらママ
2010/09/08 14:31
そうそう、親以外の大人から叱られるって大事なことだと思うよ。
ウチの近所の公園で、ちっちゃい子が遊んでる遊具付近で、小学生の男の子達がサッカーボールであそんでたから、「サッカーボールは危ないでしょ!ここはちっちゃい子達があそんでるんだよ!!」って注意したら「あっ、スミマセン」って素直に謝ったわ。
でもさー、ぼっちゃんのクラスに、すっごくわがままな男の子がいて、その子ばかりは他の親がいくら注意してもダメ。ごめんなさいなんて絶対に言わないのよねー。その子の親御さんが、あまり叱らないタイプからなのか、意地悪なことばかり言ってるのよ。あの子をどうにかして素直に謝れる子に変えたいわ。。。
tommy
2010/09/08 17:15
ここに、他人の子をどう叱っていいかわからない大人1名(笑)
うちの近所に子供も少ないので怒る機会があまりないのですが…。とっさに「うるせーな、クソババア」とか言われたら唖然として終わってしまいそうです。
仏の顔も三度まで。そのときには鬼ババアになろうか、お釈迦さまのように諭そうか…。う〜ん。
まだ悪ガキッズに遭遇してないので(私が昼間いないから?)今から心づもりしておこうかな…。
marimero
2010/09/08 17:18
お嬢ちゃんは男の子にやられてるのね。うちは反対に女の子。

うちのも近所では一番チビでまだまだ一緒に遊べません。それなのにやっぱり近所で小学生の声がすると外に出て行ってしまいます。
…で、こちらもチクリ魔にピンポン攻撃をされ(http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/21dbaf3dcc)
女の子は善意を装ってちくりちくりやるのがお上手なので「そんなこと言うもんじゃないのよ」とも言えず…お手上げです。
みゆっち
2010/09/08 21:14
いいねぇ!言っちゃって行っちゃって!
親以外の大人にガツンと言われる経験て必要だと思いますよ。
よく電車の中で「そんなことしたらあのおじちゃんに怒られるから静かに」とかワケわかんないこと言う親もいるようですが、正論で叱ってほしいよね。
みれいゆ
2010/09/08 23:42
私も叱れないなあ。
というか、相手の親との信頼関係があってこそですものねぇ。
たまに電車の中で叱る人を見るとすっきりする半面、こっちがドキドキしちゃってね。
今、逆恨みする人多いじゃない?
それにしても私はそんな口の悪いクソガキは嫌いだなー。
みどりママさんのように寛大にはなれないし、我慢もできそうもないよー。
もし私が言われたら叱るのではなくて「そういう言い方する人は嫌いだな」と氷のように冷たく対等に言ってしまいそうだわ。。。
うたこ
2010/09/09 02:28
To あきらママ
自分の子どもが外で大勢の子どもと遊ぶ様子を見るの、最初はちょっとドキドキしたよー。大きな子や小さな子に混じって、どう行動するんだろうって。
子ども社会、理不尽なこともある。それって大人の社会も同じだけどね。確実に絵本のメルヘンな世界や、正義が守られる世界ではないわけで…そこは現実。
その現実の中で楽しく過ごす術、他人とうまくやりとりする術を、どんどん学んでいると感じるよ。
いい影響もあるし悪影響もあるからね。ビシバシ怒ることはしなきゃならない。他人の子と自分の子同じようにね
でも………本当はね、蚊も殺せない優しいママなのよ(え吸い逃げされてる鈍臭いママ
みどりママ
2010/09/09 07:16
To tommyさん
そのイジワルな子の親は叱らないタイプと言うか、実はイヤミっぽいタイプじゃないかなー?もしかしたら普段あまり親からかまってもらえない子なのかも。
その子が優しい子になるには、親の力しかないかもしれないね…
でもバイオリズムの関係で、いかんいかんと思ってもイジワルなこと自分の子どもに言っちゃうことは私でもあるけどさー。
親だってカンペキではないからね。難しいね。
みどりママ
2010/09/09 07:33
To marimeroさん
いや〜、いろんな子がいるよ。でもそれも勉強、勉強。
そんな理不尽な…と思っても、子ども同士では普通だったり。そこは怒っちゃいけないところでさ。
かなり前だけど、電車で態度の悪いどこかのインターナショナルスクールの子たちを見たことがある。誰かが注意したら「Speak in English!」とバカにした口調でやり返して、その人も黙っちゃった。怒るのに、やっぱりすごく勇気いったと思う。
みどりママ
2010/09/09 07:39
To みゆっちさん
女の子のイジワルは巧妙で陰湿だよね。一見うまく取り繕ってる。男の子の方が単純明快。
私なら「今、ズルしたね。ウソ言ってるね」と言ってやると思う。この地獄目、見逃さんッ
みどりママ
2010/09/09 07:44
To みれいゆさん
人に振って嗜めるのは卑怯だね。
しかし、人前って怒り方考えちゃうね
こっぴどすぎても「え?」という疑惑の目で見られ、叱らないと「親がなんとかしろ!」と白い目で見られる。
みどりママ
2010/09/09 07:49
To うたこさん
悪ガキッズはね、かわいい面もたくさんあるの。普段の子どもたちをよく知っているから、だから叱れる。
児童館でも「ここから入ってくんなッ」とか言う生意気な小学生の小僧はいるけど、そういった子をいきなり叱ったりはできないなー何度も言ってくるようなら一喝するけど(叱ってるじゃんって!?)
やっぱり小学生の内じゃないかな…素直に聞いてくれるのは。
みどりママ
2010/09/09 07:58
うらやましい〜 なかなか近所のお子さんって叱れない・・・親の顔がちらついちゃう〜 唯一怒れるのは、オオボケちゃんと同学年の近所の悪ガキ3人組くらいで、しかも、幼稚園から知ってるし、ママたちも、逆恨みするような方ではないからで〜
学校の同級生では、ちょっとした子供同士のトラブルで、怒鳴り込んでくる方もいるし、みどりママさんみたいにすかっと怒ってもらえたら、気持ちいいだろうな〜
のっぽくんの口癖、ちょっと怖いですね〜 これがご近所に知れ渡ったら、患者が減るにちがいない〜
あられ
2010/09/09 15:28
私も汚い言葉は大嫌いです。

多分親は叱っているのだろうけど、怒鳴るだけで何故いけないか?そして普段から会話のコミュニケーションがないのでしょうか・・・
汚い言葉でしかコミュニケーションをとれないのだと思います。
大人てもいますからね。以前、部下でいました。友達とはベラベラよく喋れるのに上司とは上手く話せない人。正しい敬語を話せないからだったのです。
でも、聞き入れる姿勢をとったら敬語が下手でも一生懸命話してくれるようになりました。

私自信、美しく正しい日本語を使っているかと問われても自信はありませんが、汚い乱暴な言葉だけは使ったことはありません。友達同士の時は適当な流行り言葉も使い分けています。大人だから当たり前ですね。
でも、これから言葉を覚える我が子には間違った日本語や汚く乱暴な言葉は覚えてほしくないです。乱暴な子供がいたら我が子を連れてその場を離れます。

みどりママは他人の子供に「男気」を教えるなんて〜中々出来ることではありません。最高!

チムチムチップ
2010/09/09 16:08
To あられさん
子どもの社会で揉まれるのも勉強と思ってます。むしろ教科書なんかで学ぶことより、多くを学べるかもしれない。人間関係を築いていくノウハウはこの時期から…と思います。それも、年齢層がバラバラなほどいい。
どうすれば上の子ともめないか、下の子には優しく接しなきゃいけない…とか、いろいろな年齢の子どもと接して、徐々に大人になってます。
次第にこのグループの中でケンカも減って、みんな上手く接するようになる。
だから、子ども同士の諍いには親同士がむやみに立ち入ってはいけないなーと。
みどりママ
2010/09/09 17:28
To チムチムチップさん
自分の子どもは幼稚園児と赤ちゃんで、小学校の子どもを面倒みていないからかもしれないですが、言葉が汚いのはそういう時期なのか?それとも…??とギモンはあります。
私もいい加減な日本語でプログ書いていますので大きな声では言えませんが
怒った時、できるだけ乱暴な表現はしないようにしています。それでも傷つけることはあるかもしれない。子どもって繊細なようで大ざっぱで、大ざっぱなようで繊細だから困りますよね〜
乱暴な子どもから遠ざけたい親心…ですが、楽しいこともたくさんあるからけっこう混ざりたがるものなんですよー
でもまぁ社会性も芽生えるし、鍛えられるから、悪いことばかりってわけじゃないです。
子どもが小さい内は、どんな子たちとどんな風に遊んでいるか“あきこ姉ちゃん”のように木陰から半分顔出してチラ見…が大切かと。
みどりママ
2010/09/09 17:41
うーん(^_^;)
確かに難しい問題!
我が家はもし我が子が間違ったコトをしたのならば
他人でも叱って欲しいカモ^^;
でもヤッパリ人間関係がしっかり築けてないと出来ないコトですよね〜!
bachu★
2010/09/09 18:17
To bachu★さん
やっぱり“叱り方”にもよると思うのです。
怒鳴る人や嫌味っぽい言い方する人がいるけど、それって怒り方としてどうなのと。
怒り方って、実はその人の人間性が一番出るんじゃないかなぁ…と思います。
みどりママ
2010/09/09 20:15
再度失礼しますf^_^;

私は過保護なんですよねぇ…親子して色んな免疫を付けないといけないですね(^_^;)
私の中で、みどりママがカヨコおばあちゃんにのような存在になりつつあります(笑)
って、育児相談受け付けてないって?!
チムチムチップ
2010/09/11 01:14
To チムチムさん
一時どうしようかと悩みましたが、近所の悪ガキッズに関してだけは、私も扱いが上手くなったなーと自負。いじめっ子に困ったらご相談ください叱りに行きます
とはいえ、私もイラッとしてうっかり お嬢を傷つけたり、失敗ばかりです。とってもカヨ婆のようには…カヨ婆一家はみんなスーパーエリートですからねー(←“婆”言うな!?)
みどりママ
2010/09/11 06:49
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

ぼくらとみどりママの41日間戦争 ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる