ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐怖の通園拒否再発 そして母の日の贈り物

<<   作成日時 : 2010/05/07 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 4

GW明け…やはり予想通り…
通園バスが迎えに来る1時間も前から、お嬢はメソメソ泣き始めた。

「幼稚園は地獄だ。なくなっちゃえ〜〜〜ッ」

嫌がる お嬢だが、“地獄”なんてどこで覚えた言葉なのか??
困惑しながらも、妙なところで感心する私。

バスが到着する前に、外に出そうとするが、またテコずるテコずる

以前なら「自転車乗ろうか?」とかキックボードに誘えば、喜んで外に出て、そのままバスに乗せられたのだが…

もう 朝の自転車 通園バス とインプットされているため、釣られなくなってしまった。

仕方がないので、大暴れする お嬢の手を引っ張って、無理やり外に引きずり出した。

外に出るとバスがもう家の前に到着しており、担任の先生が降りてくるのが見えた。
が、慌てたのがマズかった。
ふと気が付くと、お嬢は泣きじゃくりながら手首をこすって痛そうにしており、足も赤くミミズ腫れができていた。

近づいてきた先生は
「後はお任せください」と、お嬢を抱きかかえて連れて行った。

一番後ろの席の窓に引っ付いて、お嬢は走り去るまでずっと私を見つめていた。
やるせない光景だった。


それに…

手首は大丈夫だろうか?冷やしてやれたら…足の擦り傷はひどかったかな?と、いろいろ心配の種まで増えた。

「もし何かあれば園から電話がくるよ」「子供は大げさだから、手首だって大したことないよ」
不安げな私に見かねたのか、ご近所の3兄弟の肝っ玉ママさんが明るく声をかけてくれた。

思うに、母親が心配しすぎるから、子供も神経質になりやすいのかもしれない。

この肝っ玉ママさんは私よりずっと年下だが、3人も子供がいるから、子育ても堂に入ったもの。

最初お目にかかった時、外見が少々ヤンママ風だったのと、ぶっきらぼうな口調だったので、仲良くなれるか一抹の不安が過ぎったこともあった。

でも、実は すごくハートフルな人 で、子供たちがフラフープしていると、「どれ、私も」と一緒に始め、ぜんぜんできないと「ビールっ腹には無理か」と、豪快に笑う。

仲良くなれるか?なんて、不安が過ぎった自分を恥ずかしく思う。

ちょっとした子育ての心配事をこのママさんに話すと、豪快に笑いながら「大丈夫!」と、言ってもらえるのがとても心強い。
今は、このママさんが大好きな私だ。

ハートフルなママさんの子供たちも、またとても元気で礼儀正しく、優しい。
お嬢が帰宅すると、一緒に遊んでくれる良き遊び友達なのだ。

ママさんの言うとおり、園から手首に関する連絡はなかったので、とりあえず安心していた。

午後になって帰宅した お嬢も上機嫌で、あの朝の喧騒がウソのようだ。


そして、迎えた 母親参観日

これは、母の日にちなんでの参観日。

私は「今日は、 がバスに乗り込んだら、ママもすぐ後を車で付けるからね」と、よく言い聞かせていたので、お嬢も泣くことなく、バスに乗っていった。


指定された時間通り園に到着した私は、一目散に お嬢のクラスに向かった。

「どこにいるのかな?」
探すのが大変かと思われたが、頭にウサギ の付いたゴムで髪を縛った お嬢は、すぐに目に留まった。

「しゅっぽ、しゅっぽ、しゅっぽ!」
みんなで汽車ぽっぽごっこをしているところだった。

お嬢も私にすぐに気が付いて、満面の笑みで、手を振りながら駆けてきた。

「ママぁ

先生の案内でクラスに入ると、子供たちと先生でお母さんへの歌を披露してくれた。

お嬢は、一生懸命歌ってくれた。お遊戯も、しっかりがんばって、先生が「ちゃんとできた子〜、手を上げて」と言うと、「はーい!」と大きな声で手を上げていた。

私は意外だった。
むしろ家にいる時より、ワガママも言わず、しっかりしている。

「さぁ、お母さんにプレゼント、渡そうね」
先生が園児たちに、お花で飾られた紙筒とカーネーションを手渡した。

そして、一斉に
「お母さん、いつもどうもありがとうっ」

バラバラながら、ペコリと小さなお辞儀をする園児たち。
お辞儀なんて慣れていないから、お嬢も首だけ下に下げている。
でも、それがまた愛しくて、心が揺さぶらせる光景だった。

ちゃん、見てもいい?」
「うん」

おそるおそる紙筒を開くと、ママの似顔絵が現れた。

画像

親は、子供の他愛ない仕草にも喜びを感じる。
ましてや、できるかぎりの力を注いだことがわかれば尚更だ。

彼女は、この絵に全力を注いだに違いない。
私が今まで見た中で、一番上手な絵 だった……

「ありがとう」
「うん」

そっぽを向いて、うなずいた。
反抗期の娘は、少々照れくさかったようだった。


すると、傍らから色の白い女の子。
「りりちゃんだよ。いつも遊ぶの」
お嬢は私に、初の親友 まで紹介してくれた。

りりちゃんのママにご挨拶すると、りりちゃんのママが
「毎日“ ちゃん”“ ちゃん”なんですよ」
そう微笑んでいらした。


帰り際、担任の先生が私にお声をかけてくださった。

ちゃん、バスでは泣くけれど、園では笑ってくれているんですよ。大泣きした日は、『これやったらママに会える?』『給食食べたら、ママのとこに帰れる?』って聞きながらだったりもするんですけれど…いつもりりちゃんと一緒に遊んで、楽しそうにしてくれているんですよ」

先生は細かく園での様子を語ってくれた。

「足に引っかいた痕があったけれど、どうしたの?って聞いたら、自分で掻いてしまったと言ってました。消毒しておきましたが、大事無いようで良かったです」

私は、先日の一件もあるからだけれど、心から感激した。
あの足の傷まで、目に留めていてくださったのか!


正直、“幼稚園の先生”は、もっとノンキな存在だと思っていた。

20代半ばの若い先生だけれど、この先生には“一教職者”を感じてならない。

本当に、素晴らしい先生だ。


改めて感謝する今日この頃…

幼稚園の先生、ご近所のママさん、それに先輩ママにママ友達…
周囲に支えられているから、子育てにちょっとだけ自信が持てるようになってきた。


一人じゃない。
困った時助けてくれる…助言をくれる…手を差し伸べてくれる
心強い味方は、身近にいてくれるんだから。

そう確信できた、うれしい一日。

そして…
朝は嫌々バスに乗ってゆくけれど、娘の世界が確実に大きく広がっていると知ることができた、感動いっぱいの一日でありました。
こちらこそ、ありがとうっ



にほんブログ村 子育てブログへ

ランキングに参加中。クリック 、よ・ろ・し・く〜ッ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワガママな次男
*:..。o○☆゚・次男2歳7ヶ月:,。*:..。o○☆ ...続きを見る
3月30日生まれなんだよ!
2010/05/08 10:05

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お互い我慢のしどころだね!だんだん誤魔化しもきかなくなってるから、子供の気持ちを切り替えさせるのに四苦八苦。。。私なんか次男と一緒になって「きーーーっ!」ってしてるよ。
はなちゃんのお絵かきステキだわ!子供の気持ちは真っ直ぐで純粋。本当に良く描けてる。
私も2人の母の日の制作を今日UPするので・・・笑ってください!
あきらママ
2010/05/08 10:04
To あきらママ
ガマンも限界ですけどね…
でも、ママをこれほど必要としてくれるのも今だけなのか?なんて考えると、ありがたくも感じるかな。もうなんでもプラスに考えることにしようッ高齢ママにはそれしかない
みどりママ
2010/05/08 16:41
うちも朝だけなんですよ〜(>_<)帰ってくると、保育園たのしいねえ〜なんて言ってるのに・・・まあ気長に見守ろうかと思います。
私も3人育ててる最中ですが、いろんな人に支えられてきたな〜とシミジミ・・・子育てはひとりじゃ出来ませんね♪先生も、ご近所のママさんも、みどりママさんのまわりはステキな人ばかりですね♪
はなちゃんのママの絵、上手ですね〜 うちも明日、何か用意してくれてるらしいのですが、ワクワク、ドキドキです!(^^)!
あられ
2010/05/08 21:18
To あられさん
なんか…帰りはホクホクして満足そうにバスを降りてくるんですよね。あの行きの大騒ぎはなんだったのみたいな…
はなの絵は、赤い線は唇(口紅)かと思いきや、本人曰く「ここから首なの」だそうです。
首と耳、そしてイヤリングを描いているあたりが芸が細かいと、親バカながら感心しました。
明日の、お姉ちゃんたちと王子からのプレゼント、楽しみですねやはり母親としての喜びを感じますよね〜
みどりママ
2010/05/08 21:57
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

恐怖の通園拒否再発 そして母の日の贈り物 ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる