ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供 ∞ 想像力

<<   作成日時 : 2010/04/11 23:54   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

私は歴史が好きです。

こう書くと、これを読んだ大半の皆様は「やっぱりみどりママからはインテリジェンスを感じる」と思われることでしょう。

そのご感想は、ほぼ間違いないです。


でも、ちょっと違うのは…

私は
ノーベル賞ができた由来は、ノーベルさんが晩年、オーストリアの花売り娘(10代)にいれあげて結婚したものの、ものすっごい悪女に変貌して、散々財産を使いまくるのでどうしたものか…と作ったのが、世界中の偉大な功績を成し遂げた人に与える『ノーベル賞』だった。
とか、

シェークスピアは地元の年上の女性を孕ませてデキ婚したのに、ほとんど家に寄り付かず、ロンドンで数々の名作を書き続けた。
とか、

水戸のご老公は、夜、酔っ払って道端に寝ていた人を試し斬りした。
とか、

偉人たちの“女性セブン”ネタを発見するのが、とても好きだ。(そういった女性週刊誌を実際手にとって読むことはないのだけれど)

ああ、偉人とはいえ、所詮同じ人間よ …そう感じるから。(むしろ、ヘン!?)

そして、凡人と思っているわが子も、ひょっとしたら未来の偉人かも知れぬ ではないですか。


まぁ、過度な期待はしとりませんが

最近実家で、お嬢の描いた絵を額に入れて飾ってくれました。

こんな絵を描いていたとはつゆ知らず。

今までお嬢が描いた中で、私の一番のお気に入りです。

画像


この太い線も、顔の表情も、いい雰囲気だしてるなぁと。(親ばかで申し訳ない)

『アンパンマン』『ドラえもん』『プリキュア』などのメジャーなアニメはまったく見せていないので、絵を真似することもなく、友達とヒーローごっこしても、みんなかっこいい決め台詞と決めポーズがあるのに、一人

「ニンジャ・パワーズ!!」とオリジナルのセリフにオリジナルのポーズを取る お嬢。

最近、編み出した最強戦士は
「妖精プリンセス魔女ニンジャ ぷりりんりーむ・おはなもんッ

妖精がプリンセスで、魔女&忍者なら、たぶん強いだろうと思う………

子供の想像力って、オモシロイです。



そして、満を持して、お嬢が作詞作曲した歌は、きっと皆様の感動を呼ぶことでしょう。

(ミュージシャン希望の甥っ子のSAYくんに、アコースティックなメロディをぜひ付けて欲しいとお願いしてあるのですが…)

ハナクソほじったら〜〜〜 やっしゃしゃい、やっしゃしゃい   
お待ち!黒いの、はなくそだよ〜〜〜〜〜〜 やっしゃしゃい、やっしゃしゃい


 どうしようもないって??

わかりませんって。
天才モーツアルトだって、作曲した楽譜に「うんこちんちん」って落書きしてたんですから。
(他、「俺のケツを舐めろ」という曲もあり…

子供の想像力も可能性も、無限大です


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ランキングにご協力ください。クリック、よ・ろ・し・く〜ッ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
もう,おだんごだんだんだーんは卒業しちゃったのね。妖精プリンセス,,,なんたらこうたら,,,になったらおばちゃま,もう覚えられません。
ティッシュアート
2010/04/12 14:25
そうなのよね。子供の想像力や工夫力を高めるにはTVやオモチャを生活から排除するのが好ましいってことなんだろうね。吸収が早いからあっという間に影響受けるもん。はなちゃんの大らかさがいいわ〜。
今日は入園式?生憎の雨だけど楽しめたかしら?
あきらママ
2010/04/12 14:26
To ティッシュアートさん
ぜんまいざむらいも好きだけど、どちらかといえば、『うっかりペネロペ』のような、ほんわかしたお話がな はな です。
試しにポケモンを見せてあげたら、戦うシーンがダメだったようです。
みどりママ
2010/04/12 22:16
To あきらママ
TVはでも楽だよね〜。やっぱり子供たちを付きっ切りで見てるわけにはいかないから、料理する時間とか「ちょっと見てて」とか言ってTV付けちゃう。
最近、パソコンのタイピングゲームも自分で電源入れて操作して、たま〜にだけど遊ぶように…
幼稚園によってはパソコン教室を取り入れているようだけど、コンピューターゲーム好きにだけはならないで欲しい。子供の受ける影響力ははかり知れない分、ちょっとコワイ。
私も子供の頃、コンピューターゲームが楽しかった時期もあったけど、ゲーム上の妙な達成感が虚しく感じてやらなくなったんだー。
現実の達成感とゲーム上の擬似達成感の違いがわかるようにならないと、仮想現実にハマりかねないからね。漫画もゲームも同じエンターテイメント業界ですが、ゲームはNOな心の狭き私です。
みどりママ
2010/04/12 22:27
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

子供 ∞ 想像力 ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる