ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月30日の喜びと悲しみと…

<<   作成日時 : 2010/04/04 00:46   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

「あはは!プリンセスになっちゃったぁ〜」
オモチャ箱の隅から見つけたティアラを頭の上に乗っけてあげたら、お嬢は大ハシャギだった。

お出かけにも付けて行きたいと言い出し、一瞬悩んだが、
「いいよ。付けて行っても」
すぐに飽きるとわかっていたので、快く承知した。
「やった〜〜〜ッ

外に出ると、いつもマンション内をお掃除してくれるおばさんを見かけ
「見て見て!プリンセス になったのよ
頭のてっぺんを指差してみせた。

「まぁ、かわいいね〜
おばさんは、いつも お嬢に声をかけてくれる。


ところで、このマンションはみんなとてもきちんと挨拶する。

子供たちも、ちゃんと「おはようございます」「こんにちわ」と大きな声で声をかけてくれる。

エレベーターに乗ろうとした時、挨拶をしないで先にさっと乗ってしまう小学生の女の子がいた。
この子は例外?…と思っていたら、「何階ですか?」
ベビーカーを押しながら歩いてくる私を見て、気を利かせてくれたのだ。

挨拶をしたり返してもらえるだけで、とても気持ちよくなれるから不思議…

だから、お嬢にも「ちゃんと人を見かけたら自分からご挨拶するんだよ!」と言い聞かせている。

………しかし………

2歳くらいまでは、初めて見る人にはなかなか声をかけられなかった。

このところは誰にでもはっきりご挨拶するようになったけれど。

中でも一番の お嬢のお気に入りがこのおばさんだったのだ。
ティアラを見せて依頼、お嬢を見かける度、
「あら、 ちゃん、今日はプリンセスじゃないのね。でも、とってもかわいいわよ」などと声をかけてくれる。

が、この大好きなおばさんが4月から変わるということを、私は管理人さんから聞いていた。

お別れの挨拶をしたい
私は、雑貨屋さんで紅茶と桜の入浴剤の小さなプレゼントを用意した。
お嬢からおばさんに渡してもらうためだ。

ところが、雑誌撮影に幼稚園入園準備などなど、ブログすらも更新できない多忙な日々に追われ、気が付けば4月は目前となっていた。
29日におばさんを探すも、いつもなら出かければ偶然出会えたのに、会いたいと思うとなかなか出会えない。

仕方なく、また管理人さんにいつおばさんが掃除に来るのか聞いてみた。
「週末と水曜日以外来るよ」
水曜日は31日だから、チャンスは30日のみ

私はにわかに、好きなセンパイにバレンタインの日、チョコレート を渡すような心境に陥った。

当日、ドキドキしながら、私は朝からプレゼントを手にして出かける仕度をした。
なのに、お嬢は「眠い〜〜〜」とブーブー文句を言い出したのだ。

「今日でおばさんとお別れだよ。今まで玄関や窓をキレイにしてくれたのはおばさんだよ。たくさんかわいがってくれたじゃない。ちゃんとお礼とお別れのご挨拶をしようよ」
お嬢は、目をつむってフテ寝を試みる。
「こらッ見損なったよ」

私はけっこう お嬢に小難しい言葉を投げてしまっているなぁ。“見損なう”なんて、3歳児に通用しないだろう。
頭の中でそう思いながら、憤慨していた。

わかってか、わからないでか、お嬢は意を決したように立ち上がった。
「じゃあ、行くよ
おお、その瞳に闘志のようなものすら漲っている!やる気マンマン!!

よっしゃーーー

まず1階の管理人室に行って、いまどこにおばさんがいるかを尋ねた。
しかし、掃除が上の階からすること以外正確にどこにいるか確認は取れない…とのこと。

こうして、朝っぱらから半眠のはるを乗せたベビーカーを押し、お嬢と二人、10階建てマンション内を掃除のおばさん探しすることになった。

10階建ての上、このマンションは東棟・中央棟・西棟に分かれていて横も長い。
エレベーターが来るまでも、いちいち時間がかかるのだ。

しかし、あきらめるわけにはいかない。

お嬢は、強風吹き荒れる廊下をキャッキャ言いながら、楽しそうに走っていた。
私もそれに追いつくよう、坊を乗せたベビーカーを押して小走りした。

10階も掃除は終わっていて、9階もいない、8階でも会えず、7階、6階…

もう会えない気がしてきた。
そんな矢先、
「ほら、あれ」
5階の階段当たりに、お嬢が掃除道具一式を乗せたワゴンを発見した。

「おばさん、この階にいるよ
私は嬉しくなった。
が、まだおばさんの姿が見えたわけではない。
ベビーカーの中で、坊はぐずり始めていた。
そりゃそうだろう。母と姉がなんのためにマンション中走り回っているか、検討付くはずもない。


5階の西棟、一番端で、おばさんはせっせとドアを拭いていた。

おばさんの手にしている雑巾は、黄色っぽい砂にまみれて汚れていた。
そんな雑巾が、何枚も何枚もバケツに入っている。

パパは年末の大掃除の時言っていた。
「ドア、中と外だと、外の方がキレイなんだよね。おばさんがいかに掃除してくれているか、身に染みてわかったよ。そして、キミがいかに内側を拭いていないかも…」
そんな言葉が脳裏に浮かんだ。

「おばさん、ありがとうね。これ」
お嬢をせっついて、プレゼントを渡させた。

「あらぁ、いいのに。悪いわ」
「つまらないモノですから」
中身は本当に“つまらないモノ”なので、恐縮されるとこっちが気が引けてしまうのだが…

「ほら、、ちゃんとご挨拶は!」
「おばさん、ありがと」
私のセリフまんまだった。それも聞き取れないくらい小さな声。

「今までキレイにしていただいて、どうもありがとうございました。おばさんのお掃除のお陰で、毎日とても快適に過ごすことができました」
仕方ないので私が補足して感謝を伝えた。

「おばさん、 ちゃんに会えなくなるの、寂しいわぁ。 ちゃんの思い出は、 ちゃんが赤ちゃんの時、おばあちゃんによくおんぶされていたことね」

おばさんはよく覚えていてくれた。おもむろにゴム手袋を外して、懐かしむように、お嬢の頭を撫でてくれた。

「もう、来ないの?バイバイ!シーユー!!」
お嬢は、おててサインを出しながら、気楽にお別れの挨拶をした。

“会えなくなる”“別れ”など、どういうことかなんてまだ理解できないのだ。

お嬢に答えて、おばさんも明るく
「シーユー!また見かけたら、声かけてね!おばさんも ちゃんたち見かけたら、絶対声かけるからね」
そう言ってくれた。

おばさんはちょっと涙ぐんでいた。
お嬢くらいのお孫さんがいるのかもしれない。


「よかったね、会えて
「よかったね、会えて
私とはなは、ずっとそう言いながら部屋に戻った。

“またね”
そう言って別れても、二度と会えない別れが人生では圧倒的に多い。
それでも、きちんとお別れできたなら、気持ちはとても晴れやかだ。

挨拶は、それをするだけで、人生に彩を与えてくれる素晴らしいものだと思う。
だから、お嬢にも坊にも、いつも笑顔で挨拶できるようになって欲しい。

それに、悲しい別ればかりじゃない、今日は坊の誕生日 でもあるのだから…

「くしゃん!」
寒い中付き合わされた坊が、災難だったとばかり大きなくしゃみをひとつした。

画像


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ランキングにご協力ください。クリック、よ・ろ・し・く〜ッ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
先ずははるくん1歳お誕生日おめでとう!あっという間に大きくなるね。たくさん食べてえらいえらい。
挨拶はほんとに大事だね。次男がハニカミ王子でなかなか大きな声での挨拶が定着しなかったんだけど,もうすぐ成人になってアルバイトでレジ打ちをしていて“お客様からのありがとう”の一言がとても心を癒してくれることに気がついたようです。だから自分も“挨拶”忘れないようにしようと思ったんだって,,,
ティッシュアート
2010/04/04 10:39
SAYくんが上京したばかりの時、大学通学中、通りすがる全ての人に挨拶したのに、誰も返してくれなかった…と悲しい話を聞かされた時はつい笑ってしまいました
東京だと、ご近所でもない知らない人に道で挨拶する人はいないかもしれないですね。逆に怪しいと思われちゃうかも。でも、返してくれてもいいのにね。
昔(遥か昔)イベントコンパニオンのアルバイトで、Jリーグの試合の受付・花束贈呈などの仕事が回ってきたのですが、一番偉いはずの川渕キャプテンが誰よりも腰の低い方で、下々(我々)にも丁寧にご挨拶してくださったのに感動しました。『実るほど頭を垂れる稲穂かな』…まさにそういう人物でしたね。はるにもそんな人になって欲しいなーんて、過剰な期待
みどりママ
2010/04/04 12:23
はるくん、お誕生日おめでとうございます<m(__)m>
これから、どんどん大きくなりますよね♪
まだ、別れが理解できるには、はなちゃんは、幼いけれど、きちんと挨拶できて、エライ!きちんと挨拶できる子って、好感をもてますよね。学童保育で一緒だったオトコの子なんて、わざわざ、参観日に私の前に来て、「ボク○○です。学童保育やクラスで一緒に遊んでいます。ありがとうございます」と言われましたよ〜 バレンタインデーにチョコ渡すなら、こういう子に渡して欲しいと思っちゃいます♪
あられ
2010/04/05 07:50
To あられさん
ありがとうございます。
そうなんですよね。エレベーターで「何階ですか?」と笑顔で聞いてくれた女の子も、とってもかわいく見えました
人と人とのつながりにも大事だし、魅力アップにもなるすご〜く簡単な方法それが挨拶…ですよね
みどりママ
2010/04/05 11:15
ありがとう。って魔法の言葉よね。今までイメージ悪かった人でも「ありがとう」の一言で高感度UPするもん。
はなちゃんが明るく挨拶していると、きっとはるくんも真似っこしていい挨拶が出来るようになるね。
・・・ちなみに長男は挨拶上手だけど、次男は全くダメ・・・全てに当てはまるわけじゃないわね。すまん!
あきらママ
2010/04/05 13:31
To あきらママ
はなも初対面の(特に)男の人には、挨拶できないことも多いよ。シャイというか…なんというか。まだまだステキな挨拶が自ずとできるようにはなりませーん。
目標よ
みどりママ
2010/04/05 14:34
じーーんときちゃいました。
挨拶できるってステキなことだよね
はなちゃんエライ
まだ3歳本当にお別れを理解してないかもしれないけど
そうやってわかっていくんだよね
やっぱりジーーンときちゃうなー
はるくんお誕生日おめでとうーーーー
2人目って本当に早すぎる!!!
タローママ
2010/04/06 19:50
To タローママ
先日のお別れ会の後、電車から降りて「バイバイ」と言ったはなとるるちゃんに向かって、大きく足を開いてガニ股になり、両方のひとさし指で口の端を引っ張って“イーッ”したタローくん。
プシューッとドアが閉まって電車は走り始めたけど、その姿で固まったままタローくんが見えなくなっていった…
あの姿、ビデオか写真に撮っておけばよかった!と一瞬後悔したんだけど、記録できなかったワンシーンほど、深く心に残るものだ…と一人納得して帰宅しました。
タローくんなりの寂しさを紛らわせる行動だったんだろうな。
またみんなで再会したいです。
みどりママ
2010/04/06 20:19
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

3月30日の喜びと悲しみと… ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる