ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS ドロンジョ様のひな祭り 恋の予感??

<<   作成日時 : 2010/03/03 23:04   >>

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

最近、3歳児 お嬢と0歳児 坊が同時に楽しめる“魅惑の場所”に、よく出没するようになった。

児童館 だ。

寒い日や、天気の悪い日はもちろん、天気が良くてもことあるごとに行く。

公園は、どうしても坊がベビーカーに置き去りにされることが多いため、一緒に遊べる児童館が好都合なのである。

児童館には、赤ちゃんが楽しめるものから、小学生の子供たちが楽しめるオモチャまでいろいろだ。
一日いても 無料なところも大きい。

しかし、
坊が生まれる前に行った児童館は、すでに常連の母子たちが団結力の強いグループを作っていたので、ちょっと肩身が狭く、いい印象がなかった。

ところが!!
隣町に新たに児童館ができたと聞き、車 で行かねばならない距離であったのだが、行ってみることにした。


新築の児童館は設備もよく、トイレも赤ちゃんと子供を一緒に入れられる。

お嬢一番のお目当ては、プラズマカー

ハンドルをクルクル動かすといつまでも動く、エコカーだ。


今日のひな祭り も、ひな祭りという意識はまったくなく、3人で児童館へ…

お昼時であったためか、みんなランチに出かけてプラズマカーが置いてある体育館には誰もいなかった。

プラズマカーのみならず、三輪車から何から全部独占できて、お嬢は大喜び。

坊は、大好き(?)なミッフィーの手押し車に直行。

すると、しばらくして、男の子がやってきた。
「遊ぼう」
お嬢に声をかけてきた。

お嬢と同じくらいか、しっかりしていたので少し上くらいに感じた。

コウくん(仮名ですが…)というらしい。
遠くに立っているママは外国の方であった。

お嬢はプラズマカーを降りて、一緒にボール遊びを始めた。

遊びながら、コウくんは お嬢にいろいろと質問した。

「食べ物、何が好きなの?」
「ママが作る麺麺と、チャーハン」
「みかんは?メロンは?」
「ううん、キラい。 ちゃんそういうの食べない」
「えーーーーーッ

「何色が好きなの?」
ちゃん、ピンク」
「オレンジは?黄色は?」
「ううん、キラい。 ちゃん、ピンク」
「えーーーーーッ
コウくんのいちいち卒倒しそうな反応が、なんだかおかしかった。

二人がはしゃぎ回って遊んでいるうちに、体育館にはどんどん子供たちがやってきた。

そして、一人の女の子がプラズマカーに飛び乗ると…

「○×■凹△∵◆〜〜〜〜〜

ボールをほっぽり出して、お嬢がわけのわからぬ雄叫びを上げた。

「返して〜〜〜〜
大泣きだ。

「さっきまでたくさん使ってたでしょ。順番、順番。あの子が飽きたら、また乗りなさい」
たしなめる私に、お嬢はすがり付いてきた。
「やだやだ、返してって言ってきてぇー!!!だめぇ〜〜〜ッ

もう地面にひっくり返って号泣である。
コウくんは、どうしていいものか困っている様子だった。
が、
お嬢を言い聞かせようと奮闘する私の代わりに、坊の面倒を見てくれ始めた。

娘よ、こういう人を旦那さんにGETすべきだ。( みどりママ、心の声)

一方、お嬢は憤慨し、坊の名前を呼びながら
ハイハイして、あの車を取り返しておいでッ
女の子を指差し、坊に強奪指示。

ドロンジョ様か…

「アイアイサー」
とは、当然言わないものの、坊は指図された通り、女の子に向かった。(ボヤッキーか?)

が、すぐにコウくんが投げたボールに向きを変えた。

ーーー怒りのはな。

すると、それまでこの場に居合わせなかったコウくんのママが戻ってきた。

しかし、間が悪かった。

ずっと坊をあやしてくれていて、坊もご機嫌だったのに、たまたまコウくんが投げたボールが坊の肩に当たってしまい、坊が泣き始めたのだ。

コウくんのママには、コウくんが坊を虐めていたように見えたようで、
「こら!」
いきなりママに怒られ、コウくんはママの胸に突っ伏した。

私は誤解を解くため
「今まで遊んでくれていたんですよ」
と言ったのだが、すぐ横で、お嬢がやかましく泣き続けていたので、よく聞こえなかったようだった。

ママとコウくんはいつの間にかいなくなっていた。

お嬢はハッとそのことに気が付いたようで、
「………さっきの子がいない………」

「一緒に遊びたい
私も誤解をちゃんと解いてあげられなかったのが気がかりで、坊を抱っこし、お嬢の手をとって探しに行くことにした。

ところがホールにも、オモチャの部屋にもいない。
「帰る」という言葉をママが口にしていたようだったので、もしかしたらいないかもしれない。

心残りだった。

「あ」

お嬢の視線を辿ると、コウくんは図書室にママといた。
プラレールで遊んでいたのだ。

「あーそーぼー」
お嬢が近寄ると、コウくんはすぐに場所を空けてくれた。
そして、「 ちゃんピンク好きでしょ?」
ピンクのオモチャを お嬢に差し出した。

私はコウくんが坊を見ていてくれたことを、もう一度ママに説明した。

日本語がとても流暢な方で、もうすぐ幼稚園に入ること(やはり同い年だった)や、コウくんにはお姉ちゃんがいることなどいろいろ話すことができた。

ちなみに、この児童館は外国の方が多い。
もこばちゃんの英語教室より遥かに異国を感じる場所なのであーる。

私は外国の人たちとのかかわりを、できるだけ小さなうちから子供たちに持たせたいので、そういった意味でもここが気に入っている。

ふと お嬢に目を向けると、コウくんが遊んでいたプラレールは、すっかりお嬢が独占していた…
その存在は、ドロンジョ様にまちがいない。

でも、お姉ちゃんがいてそんなことに慣れているか否か、優しいコウくんは代わりに絵本を持ってきてじっと見ていた。

「今度は、ホッケーゲームしよう」
お嬢は、初めてのオモチャのホッケーだったので、かなり苦戦した。

ルールすらわかってない。

一方やり慣れているコウくんはとても上手だった。

ちなみに、コウくんはボール使いもうまい。

コウくんママ曰く、お姉ちゃんはそうでもないらしいのだが…。
バスケットボールのゴールに、入らないものの、かなり的確に投げられる。

お嬢はまたしても、
「これ、 ちゃんの
ホッケーのゲーム板をむんずと抱きかかえた。

私は面目なくその場にバタッと倒れるしかなかった。コウくんママは笑っていたが…

ドロンジョさまぁ〜〜〜、もうかんべんしてくださいーーーッ

それでも、コウくんはやっぱり文句を言わなかった。


「そろそろ帰ろうか」
コウくんママがそう促すと、さすがのコウくんも「やだやだ」とゴネていたが、
「じゃあ、 も帰ろうよ」
私が お嬢にそう言うと、すんなり帰ることにした。

ちゃん、また遊ぼう」
気が付けば、コウくんと お嬢は手をつないでいた。

エレベーターに乗る時、コウくんは
「二人だけで下まで行ってもいい?」
ママに囁いて聞いていた。

「ラブラブだね」
コウくんママと私は目を見合わせて笑ってしまった。

私たちは車で来ているため、エレベーターを降りるとすぐにお別れとなってしまったが、また会う約束をしてとても楽しい気分でいっぱいだった。

帰り際、お嬢はコウくんママに
「SEE YOU と一言。(もこばちゃんの英語教室の成果だ)


そして直帰ではなく、ひな祭りの散らし寿司を取りに実家に寄って、一日の話をおじいちゃんとおばあちゃんにした。

「いいお友達ができてよかったね」
おじいちゃんとおばあちゃんはニコニコと お嬢に話しかけたが、
マイペースな お嬢は、もう実家の自転車に夢中だった。

けれど…
幼稚園に入ったら、もっともっとお友達ができて、徐々に徐々に、人とのかかわり方を学んでゆくのだろうなー。

早くもボーイフレンドができ、なんだか本当に 到来の なのです

画像

ママが赤ちゃんと一緒に乗ることも可能なプラズマカー。100キロまでOK


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ

ランキング参加中!クリックどうぞよ・ろ・し・く〜ッ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ドロンジョはなちゃんの話,大笑いでした。紳士なお友達が出来て良かったね。でもはるくんにお気に入りのプラズマカーを取り戻させようとするのは親としては面目なかったかも?でも笑いました。しかもはるくん言うこと聞いてその女の子の方へいったんだ
ティッシュアート
2010/03/04 08:27
「ハイハイして取り返しておいでッ」には笑ってしまいました。
赤ん坊にそんなムチャな…です
しかも、傷口に塩を塗るように、その女の子がはなに近づいては「貸さない。順番よ」と言うもんだから、ますます火に油でした。
みどりママ
2010/03/04 09:14
幼稚園に通うようになると、初めにぶつかる壁が「貸して、順番よ」だろうね。家庭内だとやっぱりドロンジョ様状態になっちゃうもん。同じような状態の子供達が通い始めるわけだから幼稚園も修羅場だわね!
きっとはるくんは、はなちゃんに鍛えられて、聞き分けのいい幼稚園児になるんだろうね。
いいお友達に出会えてよかったね♪
あきらママ
2010/03/04 12:28
コウくんとはるは似たタイプと思うのよ。上とあまり年齢差のない第二子って、やっぱり、生まれてすぐ社会の厳しさ(姉弟の独裁)で鍛えられてるじゃない
あきらママの次男くんは、長男くんがおっとりタイプだから、ちょっと違うのかもしれないけど。どう??
幼稚園、とりあえず「ママ、どこ〜」とはならなそうで、その点だけは安心してるんだけど…甘い
みどりママ
2010/03/04 17:56
ドロンジョはなちゃんには、笑わせていただきました(*^_^*)幼稚園で、男の子を従わせて、クラスを仕切るタイプとみました!
それにしても、なんて、紳士的で優しい男の子なんでしょう〜。うちにも、こんなお婿さんが来て欲しい!
(何年先だ?!)
あられ
2010/03/04 18:13
スポーツもでき優しい…モテる要素を幼稚園前から満たしていますなぁ。スゴイ
はなも、ある意味でスゴイですが…
みどりママ
2010/03/04 20:23
新設の児童館なんていいねぇー
それにラブラブカワイイ
ドロンチョ様にはまったよぉー
アイアイサーのはるくんにもウケたけど(笑)
タローママ
2010/03/04 21:21
そうなのすっごくキレイなんだよー建物は新築、オモチャも人気の物をたくさん置いてあって、一日いても飽きない。ママとしては二人が夢中で遊んでいてくれるからラクチンだしね
みどりママ
2010/03/04 23:17
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

ドロンジョ様のひな祭り 恋の予感?? ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる