ハッピーGO!ラッキー子育て

アクセスカウンタ

zoom RSS 別荘ライフ イズ ビューティフル!

<<   作成日時 : 2009/11/04 23:53   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010年は、7年に一度の御柱祭イヤーである。
『御柱祭』にそう詳しくない人でも、大木に乗って坂を滑り降りる衝撃映像をニュースなどで見たことがあるハズ。

この祭りの舞台となる“諏訪”に隣接した“蓼科”に、ママ方おじいちゃん所有の山荘(小屋のようなモンです)がある。

平成22年は、是非子供たちに生の祭りの迫力を目の当たりにさせたあげたいのだが…

とりあえず、10月30日から11月3日、一家でこの蓼科山荘に遊びに行くことにした。
坊にとっては、これが 初旅行 となる。

今回は “赤ちゃん&幼児連れ” という前提で、勝手知ったる蓼科近辺も少し違った見方で巡ることになった。
この記事をご覧の…蓼科・小淵沢方面への旅行をご計画の皆さまの、ほんの少しのご参考になったら幸いです。
都心から3時間くらいで遊びにいけるので、お薦めエリアです。
(なお、写真スポットには 、犬を連れて行ける場所には マーク表示しました)


まず中央高速を小淵沢インターチェンジで降りる。 小淵沢インターチェンジ=八ヶ岳アウトレット とインプットしている人も多いであろう。

インターを右に曲がって、私たち一家が真っ先に向かうのは 道の駅

ここには足湯 もあり、旅の疲れをちょっぴり癒すことができます。そして、中に入ると近隣施設の 割引チケット もゲットできる。帰りも寄って、新鮮な高原野菜などを買って帰るのもお薦め。

で、お次は リゾナーレ小淵沢 
3歳の お嬢が喜ぶか心配したものの、カボチャ がいたる所に飾ってあり、これを触ったり並べ替えたり…おままごとに夢中になる。

画像

一年を通じて様々な企画やデコレーションをしているリゾナーレ小淵沢。
5月3日〜5日のインフォラータは、ピーマン通り一面に花が敷き詰められます。クリスマス・シーズンは行ったことがないので、訪れてみたいなぁ

画像

季節ごと、子供のためのアクティビティもたくさんあるのですが、宿泊者限定だったりするので…
『宿泊者優先』にして、有料で一般にも開放してくれないかなぁ〜〜〜???

そしてお買い物、やっぱり本命は 八ヶ岳アウトレット 

タイムセールをやっていたりするので、開店直後より午後がいいかと。(大型連休はさすがにオープンと同時でないと駐車できないとは思いますが…
かわいい子供服 、OSHKOSHでたくさん扱っておりました。(ベビー用…特に男の子用は少ないです

ここ八ヶ岳アウトレット、私のイチオシは サンクゼール・ワイナリーヤギの乳ソフト

ヤギの乳って、えーッ!?と思うかもしれないですね…私もヤギのチーズは獣臭くてとっても苦手。
しかしながら、ヤギの乳のソフトクリームは、すご〜〜〜く濃厚な牛乳(←だから“ヤギ乳”だって!?)の味がする。
ジャージー牛乳の風味が少々苦手な私には、清泉寮ソフトより遥かにおいしい。ぜひお試しあれ。

今回も到着するなり注文したのだが、店員さん曰く「今年はヤギの乳が少なくて、6月で販売が終わってしまった」とのこと。残念

さてさて!気を取り直して、鉢巻道路を通って富士見高原方面へ。
高原を過ぎてしばらくすると、左手に カントリーキッチン というログハウスのレストランが見えてきます。 

洋風の建物なのに、ここのランチはご飯 メニュー です。隣がパン屋さんなのに、パンとご飯が選べたりしません。ご飯 です。量は、正直男の人には足りない感…

でもって、パン屋さんはとっても人気です。買うには基本的に予約が必要。行きに注文し、帰り(※日帰りの場合)に買って帰るのが通のようです。
この店の焼きたてマフィンがリーズナブル(パンは高いよ〜ッ!)で、 美味で大好きでしたが、現在は作ってないとのこと…
ヤギソフトに続き2度目の不発

で、 MYフェイバリットは裏側にある カフェ Sai  

店内も素敵だし、外も気持ちよい!!ケーキを注文すると、フルーツとクリームで素敵にデコレーションして持ってきてくれます。

画像

と、まぁ小淵沢周辺はこんな具合に廻ります。


蓼科は、ビーナスラインを主軸として動く私たち一家ですが、温泉 は以前『王様のブランチ』でも紹介されていた 石遊の湯 がお薦めです。

ここは掛け流しのお湯で、秘湯っぽい雰囲気。赤ちゃん連れでも気兼ねなく入れる!(ベビーベッドなどはないですけどね)料金も500円とリーズナボーッ

近くには、奥蓼科温泉郷もありますが(私はほぼ全館入浴してみましたが)どこもけっこう高いし、意外に綺麗な場所は少ない
奥蓼科温泉郷の中では、私は 澁・辰野館 でしょうか。風情ある温泉宿です。入浴料一人1500円。

そして 長野といえば蕎麦! ですが、
蓼科ビーナスライン沿いでは、人気ダントツ しもさか、次いで みつ蔵
しかし、どちらも ものすっごく 並ぶし、メニューはそばしかなく子供連れには優しいとは言えません…

そこで、私のお薦めは 登美
ここの十割そばは、みつ蔵に劣らずおいしいし、そばが苦手な子供にはうどんに変えて提供してくれる。
店内も座敷とテーブル席があり、雰囲気もよし

そば以外にも、おいし〜〜〜いお店がたくさんあるビーナスライン。
毎回私たちが外せないレストランは、北欧料理 ガムラスタン 
(小淵沢には、ガムラスタンで料理長をされていた西村シェフのお店 メーラレン があり、そちらもお薦め

ここの前菜 ニシンのディルマリネは、東京にいても時々恋しくなる一品。
(粒マスタードに砂糖とオイルを混ぜ、ディルを刻み、コハダに掛けて食べる私です)

ただし、お子様メニューは存在するものの、今ひとつお子様向きではない。せめて、パンを普通のロールパンにでもしてくれると助かります…

観光スポットとして有名なのは、日本で唯一の本格的英国庭園 バラクラ・イングリッシュガーデン

ここも入園料は高めですが、特別なイベントをしていなければショップは自由に見て廻れます。
リーズナブルに入園するには、ネットで事前に『アフタヌーンティー&入園セット』クーポン券をプリントして持っていくといいです。
アフタヌーンティーの場所は、手前のオープンテラスより リストランテ ジャルディーノ がお薦め

ただし、このクーポン券は期間限定のようです

そして そして、パパ ダントツお気に入りはバラクラ隣の ストーブハウス

画像

薪ストーブ関係他、外国製雑貨、赤ちゃんから大人向けのグッズや洋服など多数あります。

こちらは原村に本店(?)あり。
店内には地元アーティスト(陶芸やクラフトなど)の案内ハガキが多数置いてあり、それを見てショップを訪れる…という味な旅もできますよ


肝心な自然満喫ですが…

穴場写真 スポットは、尖石遺跡側の草原。GW中は一面たんぽぽが咲き幻想的。秋は当然紅葉と山並みが綺麗です!

画像

昨年 nissen,ファッションフォトコンテストで親子賞を受賞の一枚はここで撮影

八ヶ岳中央農業実践大学の原っぱも、風のない日には 気球 に乗れたり…
八ヶ岳自然文化園など、体を思い切り動かせる広々とした場所はたくさんあり。

湖は、ここら辺で最も美しいのは 女神湖 だと思います。

女神湖周辺には、私が満足できるスポットやレストランが見当たらない!と、しばらく足が遠のいていたのですが、
ありましたよッ 長門牧場

女神湖から車で5分ほど。広大な敷地に、馬や牛、ヤギなど11月でも放牧されていて、新鮮な乳製品も製造販売しています。
ビックリしたのは、レストランの石釜で焼きあげる 熱々ピッツァ… 絶品!!!
蓼科牛のビーフシチューセット も併せてお薦め

画像

牛乳は限定販売のため、シーズンオフなのに午前中で完売。
でも、最後の一パックは我が家がゲットしていたのでありました!!不発脱出、やった!!!


大好きな蓼科
今度は、坊があんよできるようになってから行きたいと思っています。

この記事の“お薦め”は、本当に MY独断+偏見 です。どうかご容赦くださいませ。

………最後に………
レストランでパパが「ビール!」、続いておじいちゃんが「私は運転するので飲まないから」と言うと、必ず お嬢まで 「私も飲まないですから」 と店員さんに言うのが微笑ましかった旅でした〜〜〜

画像

    11月3日、朝起きたら雪 …でしたが、紅葉 堪能できました。

にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ 

ランキング参加中です。クリックよ・ろ・し・く


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伊豆の覇者 オススメ伊豆旅行
パパの趣味は『陶芸』なのですが、『釣り』(ルアーフィッシング)も大好きで、時間ができると伊豆に行きます。 …とは言え、最近ごぶさたではありますが。 はるがもう少し大きくなったら、陶芸と共にまた再開するつもりのようです。 ...続きを見る
〜アラフォー・ママのお気楽子育て〜 はな...
2010/01/06 21:14
みどりママのブログ 【ハッピーGO!ラッキー子育て】 は
BIGLOBEウェブリブログ『おすすめブログ』に認定されました

別荘ライフ イズ ビューティフル! ハッピーGO!ラッキー子育て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる